2016年02月27日

オトコのオンナ愛憎劇 -真の仕合せとは3-

実体験も踏まえ、わりと最近になって感じたことなのだが、
女性は20代後半くらいから、30代半ばあたりまでが、いちばん美しいのではないか---


ただ闇雲に若ければいいというものでもなく、このくらいの歳のオンナには洗練な美しさがある。積み重ねてきた経験、研ぎ澄まされた精神から湧き出てくる泉‥。だから、私には“彼ら”に理解できる部分も、多少はあった。明と暗。それぞれ「愛する」の形は違ったとしても。


「妙齢」女性との、色恋沙汰を書き立てられた男たちがいた。ひとりめ、阪神の伊藤隼太。彼は「暗」である。この男自体はよく存じ上げないが、昨年結婚したばかりだそうで、近ごろ他の女性との二股交際が発覚し、大目玉をくらったとか。

デイリー新潮によると、有村架純似のOLで、三十代前半。‥薄ぼんやりと想像をしてみる。おそらく、相当な美人だ。奥さんがいながら、彼女に魅了された伊藤の心情も、痛いほど判る。しかし、それとこれとは当然別だ。

彼の方からモーションをかけたのかどうかは知らないけれども、不倫以前に、嬢への口説き方に一考の余地があったのではないかと、私は感じてしまう。‥同じくデイリー。こんな文言を有村似の美女に、LINEでささやいたそうだ。

息ができないくらい人工呼吸してあげるね
朝起きて君が隣にいたらそんなに幸せなことはないよ



上段。まず比喩の仕方が下手だ。生々しくて、主の欲求むき出しなんである。今どき、テレビドラマでもこうしたセリフを用いないだろう。せいぜい昭和。平成生まれの彼が、こんな言葉をささやいてはいけない。

あと「してあげるね」も、おかしいだろう。お門違い。なぜ上から目線なんだ。有村似の年上独身美女に対して、まがりなりにも既婚者の貴方が。プロ野球選手の驕りか?百歩譲って‥「息がとまるくらい、僕に人口呼吸をさせてください」にすべき。

下段。‥呆れてものも云えない。「夜明けのコーヒーを君と」なんてのと、ほとんど同レベル。いや、以下である。彼の経歴をみると、慶大から鳴り物入りでドライチ入団して、6年目‥か。ここまでパッとしていないのも判る気がする。浮気相手よりも、奥さんよりも、まず自分自身としっかり向き合った方がいい。僕はそれほどの“タマ”なのかと。


タレントの押切もえとの真剣交際が発覚したロッテの涌井秀章。‥多くの浮名を流してきただけあって、さすがである。行き着いた先は、やはり‥36歳のオンナ。容姿の美しさ以外に、癒しや安らぎといった要素も、彼女は携えているのであろう。私にはわかる。いっそう野球に集中できる今季の涌井は、他チームファンにとって脅威だ。

‥しかしながら、この涌井という男。どうも嫌いになれないのである。同じオンナ好きとして‥の共通項もあるが、クールなマウンドさばきとは裏腹に、案外サッパリとした、清々しい男なんではないか。恋愛、女性と相対しても。

一度、北海道のホテルで“フライデー”された事故があったけれども、その際に撮られたとする寝顔が、あまりにも「無邪気」なんである。本来、寝顔に堂々とするも無邪気もないと思うが、オンナは時おりみせる、彼のこうしたギャップ性にハートを射抜かれるにちがいない。よって、涌井の周辺には常に美女が群がるのだ。

“吟味”してきた中で導き出された、一つのこたえ。それが今回の彼女だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 羽夢 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434328004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。