2016年02月22日

見損なったフジ

先週末、生まれて初めて「同窓会」なるものに行ってきた。


時が経てば経つほどこういう会合は出席率が悪くなるのかと思っていたら、意外とヒトは集まっていて70〜80人といったところか。2クラス分くらいの人出があったのだから、主宰者も胸をなで下ろしたことだろう。

みんな驚くほど、フツーのおじさん・おばさんになっていた。かつての“女子”も、今や多くが主婦だ。着飾ってはいるが、一様に生活感がにじみ出ている。にもまして、かつての“男子”たち、だ。僕は彼らを一目見て、絶句してしまう。

‥‥ひどい。画に描いたような、THE・おっさん!よくいえば、子煩悩な良きパパさん、といった塩梅。‥まあ家庭に入れば、おそらくヒトは皆、そういったふう移ろいでゆくのだろう。そんな人たちが介した会合の場で、僕は明らか浮いていた。

見るからに、THE・自由業!(正確には自由業ではないが、身なりに関しては比較的自由な職場に属している)おまけに、僕らの世代でこの歳にしては珍しい、婚姻歴なしでの独身男。‥ゆえに、多くの好奇な視線にさらされることになるのだが、僕の場合、是だけでは済まなかった。

名詞で【会社員「兼」恋愛小説家】を名乗っていたからだ。中嶋選手兼任コーチみたいでかっこいいかなぁと思い、当初遊びゴコロから作ったオリジナルの名詞‥。だが、あながち“嘘”ではない。他所でそれまがいなコトは書いている。

‥親がしいたレールに乗って「その後」を歩んできたのであろう田舎育ちの級友にとって、こんな僕はさぞ「異質」だったのではないか。矢継ぎ早に質問が飛んでくる...

男 『おう、お前すっげーなぁ。本とか出してんのかよ!?』
羽 『い、いや、それはまだ‥』
女 『ショーセツカって、儲かんのー?』
羽 『ま、まあ趣味でやってるようなもんだから‥ね。お金とかは度外視しちゃてさ』

半ばヒーロー気取りであった僕は、どんどんトーンダウンしてゆく‥。「期待外れ」に終わってか、人々の関心の目が他へと移っていった。

しかしながら、本当に物珍しさなのであろう。終わり際、大勢のかつての女子たちにラインID?を訊かれた。これが学生時代であったなら、どんなに「狂喜乱舞」していたことか。

‥生憎僕はカテゴリ“人妻”には興味がない。もともとオトコよりもオンナは、こと恋愛面においては「冒険」をしたくなる生き物なのだ。逆センテンススプリングの二の舞にはなりたくない。のちのち面倒なことになる恐れも‥僕に至ってはないと思うが、なきにしもあらずなので、丁重にお断りをした。

当時、特段好意を抱いていたわけでもなかったが、ひとり、現在独身の女性がいたので、その方とは密かに交換した。なぜ結婚しないのか? そう尋ねられて僕は『好きな人がいる』と答えた。彼女は僕の10個下で‥なんて話をしていたら『羽夢くん、やっるぅ!』とか抜かしてきたので、なんだか相談すること自体、無駄な時間に思えてきたので、キレ気味にこう返しておいた。


まだ、やってない!!


‥今年は年明けから芸能ネタが、矢鱈賑やかだ。件のセンテンススプリングに、選ばれし議員までが不倫という世も末。スマップ騒動にヤキモキさせられれば、芸人を取り巻く男女の三角関係といった、どーでもいいものまで。

おかげで、ブログ兼小説ネタは尽きないのだけれども、清原のだけはさすがに僕も衝撃が大きく、シリアスに物事を受けとめざるを得なかった(つい先日もどこかの外国人が実弾所持で逮捕とか、大問題に発展しているが)


だが、自分は思うのだ。野球界においてのいちばんの衝撃は、「すぽると」の終焉ではないか。‥三月末をもって番組が終了する模様。プロ野球の試合結果などは“スポーツコーナー”の中だけで伝えられる。

いったい何を考えているのか。映像&評論まじえての結果を楽しみにしている、仕事帰りのパパさん方の事情を汲んでいない。帰りに一杯やってくれば、今や「すぽると」なんかよりも詳しい「報ステ・スポーツ」の時刻に間に合うかは、極めて微妙なのだ。

最後の砦としての「すぽると」が、あろうことか開幕直後に終了する。缶ビール片手にひいき球団の動向を‥といった、パパさんたちの楽しみを剥奪するフジ。あんたのとこで放映した「ロンバケ」でも、お馴染みの光景であったではないか。

‥いや、いちばん大事なのはそこではない。大事なのはプロ野球ニュースから続く半世紀近い、由緒ある「野球枠」を消滅させてしまっていいのか?ということだ。

フジは分っていない。近年視聴率が低迷しているのも頷ける。新しい視聴者もつかなければ、昔から支持してきたユーザーも、これでますます失ってゆくことだろう。視聴者を手放すきっかけを、みすみすつくってしまっている局。かつての「きっかけはフジ」だとは、よくいったものだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 羽夢 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434144529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。