2015年12月10日

おとな「のび太」の憂うつ

今年のドラフトでハムからドラフト6位指名された横尾俊建(よこお・としたけ)選手。2年先輩で同じ慶大卒の白村明弘が見るからに「エリート臭」が漂ってくるのに対して、どちらかといえば“たたき上げ”タイプのような、らしからぬ雰囲気をまとった慶應ボーイ。

身長177センチ体重86キロ。ズングリとした体型、いかついけれど、笑うと案外チャーミングな顔も相まって、ネットなどで見かけるたび‥どうも私は彼が大人になった「ジャイアン」にしか見えないのだ。冗談ではなく、いや本当に。

そのニックネームでファンから慕われた、藤島誠剛さんというOBもいたけれど、容姿の似具合にかんしていえば“元祖”よりも軍配が上がると思う。今日のハムは若手を中心に、ハンサムな選手がやたら多かったので、男ウケも極めてよさそうな(?)“癒し”も、横尾君にはぜひ欲してみたい。

ドラファンの間でも有名な「ジャイアン映画版の法則」というのがある。普段のヒールから、映画では正義のヒーローとなって大活躍をする、その名の通りの法則であるが、ハムのジャイアンも「大舞台」に強い選手となれるかどうか、乞うご期待だ。


おもえば子供の頃、ジャイアンごとくのガキ大将から皮肉タップリに『おまえはのび太みたいだな』そう云われたことがある。何の取りえもなく性格も暗くて、地味で目立たない‥‥。だが、しかし‥彼は本当にそうなのか?

のび太は地味どころか黄色いシャツをさもパリッと着こなし、性格も、かなり後ろ向きではあるが「暗い」といった印象は、さして受けない。となれば“ダメ男”の象徴のように描かれているのび太は『実はボク以上のヒト‥』はたとそのように察してしまった当時の自分に、軽い絶望感を抱いたものだ。


彼のような「ダメンズ」に母性本能をくすぐられる女性が、一定数いると訊く。これはおそらくドラマや小説の中での話であって、現実社会においてはそんなに甘くはないのだろう。‥こういったデータがある。ドラえもんに登場する主要キャラ、出木杉を含めた4名の男子の中で、あなたが結婚相手に選ぶなら誰? (※1)


意外や意外、トップの票を集めた人気第1位が骨川スネ夫氏なんだそう。典型的な「長い者に巻かれるタイプ」で、性格も、そんなに良さそうには見えなかったが、たしかに彼が一番「安定感」があるのかもしれない。色んな意味で。家柄のこともそうだし、堅実‥といわれれば、たしかに彼はそうだったろうか。いつだって羽目は外さなかった。

ジャイアンの大物感、のび太の「伸びシロ」こそ感じられないが、そのままの彼でいい‥わたしは危険な橋を渡りたくない‥‥今の時代にもっとも適していた男がよもやのスネ夫タイプであったとは。また別種の絶望感を、現代に抱いてしまう「リアル版」ダメンズ筆者。成長しきれなかったのび太のもとへ、嗚呼、静香ちゃんはなかなか現れてはくれない---

≪参考≫
(※1)ドラえもんの誰と結婚したい?「しずかちゃんがのび太を選んだ理由」 独女通信

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by 羽夢 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。