2015年10月21日

「イメトレ」 -ドラフト直前エッセイPart.1-

レディなら、あんま下着姿でうろつかないでくださいよ...


一語一句、正しくは憶えていないが、たしかクリリンがそんな言葉を口にしていた。ナメック星へ向かう際、無防備な姿で船中を闊歩するブルマに対して向けられたものである。行動を共にする、まだ子供だった孫悟飯はともかく、なぜ成年で彼女なし(当時)の彼が嬢のそれを否定するのか。

「おいしいだろうよ」と。あらわになった嬢のナイスバディを視覚で堪能するもよし。恋人のヤムチャに死なれ、男日照りであったかもしれない密室の彼女に、として、もっと積極的なアプローチを敢行してみる手立てもあったはずだ。なのに、クリリンさん。あんたは...




いやいや、やられた仲間の敵討ちするため、彼はそれどころではなかった。悟飯を相手に「イメージトレーニング」なる修行に励んでいたのだから。狭い宇宙船のなか、ましてそうした身体を鍛えるような施設もなかったために、彼らは脳内で己の技に磨きをかけていたのだ。

イメージトレーニングで実際に強くなるのか‥いささか疑問が湧いてくる。修行という名の、単に退屈しのぎであった可能性も否定できまい。しかし、「成功イメージ」を働かせることは、たしかに大切である。負の思考は人間の心を豊かにしない。古くから云われる「病は気から」なんてのが、まさにそう。要は“強くなった”と自分を思いこませる、絶対に自分は強いのだと“信じ込ませる”メンタルの鍛錬...


◆ここ1週間ほど、筆者は「イメトレ」に励んでいる

中田翔、斎藤佑樹、菅野智之、有原航平‥‥。この4名の共通点は、みな日ハムがドラフトで見事にクジを引き当てた選手たちである。撮っておいた当時のドラフト映像を繰り返し、繰り返し見ながら、また今年も注目選手を射止めるイメージだけを、確信的に膨らませていた。俺は‥ハムは、かならずこの勝負に勝つ×3!

ただ、若干残念なことに‥いちばん分かりやすいリアクションを壇上で取ってくれたのが、菅野のときの津田社長(当時)であったという皮肉w 2015年も競合覚悟で高橋純平投手で行くといった報道を目にしてから、私は彼を引き当てるイメトレを一所懸命に積んできた。

アッと驚くウルトラCを時おり見せてくれるハムのことだから、本番までどうなるか判らないけれども、できたら私の“修業”をフイにはしないでほしい。決めたなら、怖れず挑め。成功だけをイメージして、果敢に臨め!栗リンよ?!

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by 羽夢 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。