2015年07月07日

オールスターと、杜の都の怪?

そこまで仲がよくなかった同級生の結婚式に招待された。おめでたいことではあるのだけれど、なぜか心からの祝福ができない。そういった心境に近いだろうか...


2015年のオールスターには監督推薦を含め、日ハムからは計5選手が出場する。5名もの選手が選ばれたのは嬉しいが、個人的にはかなり意外な顔ぶれであった。まず、今季持ち前の高い打撃力を示してくれている近藤健介が不選出。まだまだ送球エラーは多いが、捕手としても頑張っていた。そもそも出場が危ぶまれている楽天の嶋しかり、捕手2人で大丈夫なのだろうか。まさか、森友哉にサプライズ的にマスクを被らせる気?

中島卓也は“予想外”だったが、今年の活躍ぶりを考えれば、まぁ当然だろう。派手さはなくとも、黙々と仕事をこなしていれば、見てる人はどこかでちゃんと見てくれている。

そして、いちばん驚いたのが、宮西尚生のオールスター初選出。毎シーズン、コンスタントに成績を残している宮西にも、いつか出場してもらいたいとは思っていたが、正直このタイミングで来るとは予想もできなかった。‥監督が栗山なら判る。昔から自チームの選手に、これまでの功績を称えたり、常日頃な努力する姿勢に対し「ご褒美」の意味合いも兼ねて出場させてあげるケースは、わりとあった。今回でいえば巨人の鈴木尚がそれに近いかもしれない。だが、現実選んだのは栗山ではなく工藤だ。

宮西がリーグを代表するセットアッパーに変わりはないけれど、春先から不振がちであった今年、「初選出」されたのには、皮肉というか、冒頭記したような、何かフクザツな思いも交錯する。もっといえば吉川光夫が選ばれのも意外だった。

たしかに開幕5連勝、復活をかける2015年は華々しいスタートを切ったが、ここのところはKOされる場面も目立ち始め、黒星も増えた(7/7現在 6勝4敗)。したがってそこまで調子がいいようには感じない。宮西といい吉川といい、ひょっとしたら同じサウスポーだった監督・工藤好みの投手であったということなのか。これならすべて合点がいく。‥無論、せっかくの晴れの舞台。選んでもらったからには、両投手に好投を期待したい。


“吉川絡み”では、直近4日の東北楽天戦で悔しい思いもした。これは吉川本人に対してではなく、1点リードの7回途中に交代させた投手起用について。2アウト1塁の場面。いくら相手の牧田が左投手に強くても、最近調子がいいといっても、まがりなりにもここまでローテーションを守ってきた投手‥オールスターに選ばれるほどの投手なのだ。

吉川クラスの投手であれば、何としてもこの回は投げ切らせてほしかった。結果がどうのの問題ではない。誰がみても判る「自分への信用がない」と云っているようなあの継投劇は、内心、吉川を落胆させたことだろう。観ていた私もガッカリした。


それから、仙台に場所を移して行われた同カード。『アレ?矢野謙次はどうした』 と。一向に出てこなかったのでベンチ入りすらしていないのかと思った。‥いるなら、なぜ使わない。惜しむらくは最終戦。9回、松井裕樹を攻めたてて2、3塁のチャンスをつくったシーンだ。

たしかに矢野の調子も一頃に比べると幾分落ち気味。陽を代えづらいのは判る。ただ、あの日あきらかに陽の様子がおかしかった。さほど遠くもない外角球にバットを放り投げて空振りをしたり、正直いってまったく打てそうな気配がなかった。だから矢野の、あの無類の勝負強さに‥あそこはかけてもらいたかった。

吉川のくだんといい、ヘンに「データ主義」な部分を垣間見せるときもあれば、陽のケースのように妙な“人間臭さ”を覗かせてくれる場面もある。栗山采配がたまによく分からなくなるが、云うとしたらこういうことだろうか。

代えるのも勇気、代えさせないのも勇気---

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by 羽夢 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。