2015年05月07日

ハムを愛する人

Oh Tiny Memory...


5月6日、GW最終日。多くのお客さんが見守る前で無様な試合をしてしまった。ゲーム序盤から劣勢にたたされる展開。ややもすると今季ワーストともいえる試合内容だった‥かもしれない。

東北楽天とは、9回当たってここまで4勝5敗。開幕して間もないとはいえ、他チームとの対戦成績と比べても分の悪さは明らかだ。‥苦手意識とか、あるのだろうか。楽天が日本一になった一昨年はともかくとして、最下位だった昨シーズンも、ハムからみて13勝11敗と(最後の3連勝がものをいった)、かろうじて勝ち越しを決めた塩梅。クリムゾンレッドは私の学生時代に着ていたジャージーの色と一緒なのだが、ちょっと厭な色になりそうだ。


ところで最近、どうも気になっていることがある。ハーミッダ伯爵(31)の登場曲の件だ。彼はなぜ、GLAYの曲「サバイバル」を選んだのだろう‥‥。北海道が生んだアーティストだから?いや、ファンとアダムとイブのような関係を築きたいのか? 詳細は不明。

GLAYといえば、筆者の青春時代を彩ったアーティストでもある。ハイトーンボイス利かせてよくカラオケでも唄わせてもらった。基本ナルシストな筆者は意中の彼女の前で「ずっと二人で」という、ベタな超バラード曲を大マジメに熱唱した憶えもあるが、今おもうと、なんか恥ずかしい。

Oh Tiny Memory...

『何コイツ?自分に酔ってバッカみたい』。きっと君はそう想っていたんだろう?人生を達観した今の僕なら解かる。僕が終生愛することができるのは、結局ファイターズだけだ。


おそらくハーミッダよりかは幾分詳しいと思われるGLAY好きな筆者の“推し曲”は‥‥迷うが、やはり「春を愛する人」だろうか。この曲は出だしからして『Sunshine』で始まる。いきなり“陽”だ。選手登場曲にも向いているのではなかろうか?ポップで明るくて、カッコイイ曲だぞ。





Moonlight 産まれては消える 流星を見上げた...

近ごろ月が綺麗に見える。ある夜、月を眺めながらの帰り道。ふと『月に向かって打て』の名言を思い出した。先日の発言で物議をかもした張さんの盟友で、ファイターズOBの大杉勝男さん。

先月30日、天に召されてから早23年‥。中田という、久々に貴方のような右の長距離砲が誕生しました。今でもハムのこと、愛してくれていますか---


ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by 羽夢 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。