2015年04月10日

まさかのコラボ?

“2ちゃん”ふうにいうと、金曜22時枠に...


野島さん、キター(><)って感じ?

10日、TBS系列で始まる連続ドラマ「アルジャーノンに花束を」の脚本を、野島伸司氏(52)が手がけるらしい。ダニエル・キイス原作の同作品は以前、ユースケサンタマリア主演で過去にドラマ化されたこともあったが、自分は見逃していた。小説さえも目にしていなかったけれど“野島流”に染まるアルジャーノンなら、視てみたい‥かも。

氏が制作に携わった多くの作品に深い感銘を受けてきた俺は“金曜22時”と訊いただけで鼓動が高鳴ってしまう。不朽の名作「高校教師」に「未成年」‥‥そして放送当時色々な意味で大反響を呼んだ「聖者の行進」というドラマもなかなか印象深い。なにせ知的障害を持った男女数名が物語の主役となる、センセーショナルな内容だったのだから。

そういえばアルジャーノンの主人公も精神遅滞という障害を持っているそうだが、聖者‥に登場したいしだ壱成のような感じなのか?まだよくは判らないけれど、今回彼がふたたび野島ドラマに登場してくるというのも、ファンにとって嬉しいサプライズになったであろう。


と、なんだかまったく種類の違うブログになってしまいそうな勢い(苦笑)。そうそう、ここは一応“野球系”ブログであった。オイ野球は、日ハムはどうした?って方‥‥俺が今記事で一番云いたかったのは『ブランドンに花束を』 このダジャレ?であるw


8日の東京開催の埼玉西武戦。驚いたねぇ。おもむろに黄色い花束を抱えて現れたブランドン・レアードさん(27)。あ、ここから俺は敬意を表して彼を「さん付け」で呼ぼうと思う。だってアレって事前に交流のあった、車いすの少年から頂いた花束だったんでしょう?『きょうはその少年のために打ちました』だなんて、かっこよすぎるでしょう。あの一言で当日約2万の観客、およびお茶の間の視聴者を感動の渦に巻き込んだこと請けあい。


レアードさん‥あなたは平成のベーブルースかい?


以前にも言った憶えがあるけれど、俺の中の「レアード株」がグングン上昇している。ハムの助っ人にしては珍しく闘志むき出しっていうの?そういったものがビンビン伝わってくる。ガッツ溢れる守備も素晴らしいしね。‥仮に打率.250、15本塁打くらいで終わったとしても、チームに残してあげたくなる外国人選手?

それにしても、向こうの国の方は花束を持っても絵になるなぁ。これが杉谷あたりが花束を持って登場してきたら場内大爆笑だったんだろうけど(笑)。ハムファンの皆さん、これから「ブランドンに花束を」 よろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by 羽夢 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。