2015年03月24日

開幕を間近に控えて想うこと vol.1

中田がいて、大谷がいて、斎藤佑樹もいる。いや?待てよ、ハムにはまだ誰かいる気がする。“全国区”のスター選手が...


有原航平だ。危うく忘れそうだった。ドラフトで4球団も競合した金の卵、アマチュア球界No.1右腕と謳われた彼を。昨年痛めた右肘の状態を考慮して、キャンプは二軍スタート。ずっとベールに包まれていたその実力を、先日垣間見た気がした。

23日のイースタンリーグ、埼玉西武戦(鎌ヶ谷)。2番手投手として“プロ初登板”を果たした有原は相手打線の中軸をわずか10球、3人で片づける。いささか短すぎる気もしたデビュー戦であったが、まずは無難に終えることができて、私自身もホッとしている。

最速149キロ。そのスピード以上に、いかにも重そうな球質が印象的だった。しかし、有原の力はまだまだこんなものじゃないのだろう。ケガが「完治」するまで、二軍でしっかり腕を磨いてきてほしい。幸い一軍も投手の頭数は揃っているし、焦る必要はまったくない。

それにしても京大卒の田中とか安樂智大といった、他チームにいる話題性抜群のルーキーたちが一軍キャンプに帯同するなか、彼らに負けないくらいの知名度を誇っていた有原を、ハムはじっくり下で熟成‥。人気商売だから当然、ファンやメディアに早くお披露目したい意向も球団にはあったろうが、よくぞ貫いてくれたと思う。

こうした姿勢が目先のローテーション投手ではなく、“未来”のエースを育成させる。もっとも、3度の飯より話題性を欲していた昔のハムだったら、あるいはこうもいかなかったのかも知れない。


もうひとつ、個人的に嬉しい話題がある。有原の早稲田とドライチの先輩でもある背番号18、斎藤佑樹の開幕ローテ入りが濃厚になったこと。先の神宮での好投で、首脳陣に最後の猛アピール。登板が噂される来月2日、この日だけはなんとか斎藤にも無難に切り抜けてほしい...


佑ちゃん 開幕ローテ勝ち取った!4・2ロッテ戦先発へ ※Sponichi Annex


昨シーズン、開幕2戦目の先発という「大役」を担いながら四球を連発して自滅した、あの姿だけはもう御免だ。散々上げさせておいて“落としたら”ファンの失望感はハンパない。最初だけは選手生命をかけるくらいの気概で、闘いに挑むべきだ。その先のことを考えるのは、後からでいい。

‥おそらく首脳陣もある程度は考慮してくれているのだろう。2日は開幕して6試合目、中6日あけるのが主流の現代野球であれば、エース級の投手とぶつかることはまずない。谷間の投手なら変に気負うこともなく、自然体で試合に臨めるはずだ。

それに、知ってか知らずかこういったデータもある。対戦相手の千葉ロッテは通算3勝1敗と、埼玉西武戦に次いで相性が良い。ちなみに後者は同4勝1敗。つまり、関東にフランチャイズのある球団に対しては、かなり高い勝率を誇っているのだ。昨年までの斎藤の通算成績が13勝16敗というのを鑑みれば、その抜群の相性のよさを窺い知ることもできる。

オープン戦好調を維持してきた上沢や木佐貫を差し置いての開幕ローテ入り。プレッシャーが全くないといえば嘘になるだろうが、最近自信を取り戻してきたとされる直球で、どんどん打者に向かっていってほしい。シーズン序盤から全開の「佑ちゃんスマイル」が拝めることを、切に望んでいる---


開幕が4日後に迫り、気候もようやく暖かくなってきて近所の桜の開花の間近だ。筆者も気分も益々ハイになってきた。今月に入り、リアルの忙しさにかまかけて、やや更新も滞っていたが「連投」したいと思う。そんなわけで2015シーズンも改めましてよろしく。

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by 羽夢 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。