2015年03月13日

いつも、あったかいんだから...

数日前の出来事。


普段の3倍近い訪問者数‥。ヤフーにでもピックアップされたのかと思って一瞬色めきだったが、少々事情は違った。なんでも「元ハム」の選手が不当な行為を働き、逮捕されてしまったのだとか‥。なるほど、大昔に当該選手について触れたことはあった。

それにしても、最近こういったの、多くないか---

思い当たるだけで4人。無論ハム関係者ばかりではないんだろうし、今回も私がたまたま目にしただけの可能性もあるけれど、悲しいかな近年類似な報道が多いような気もする。

元ハムとか云々より(遺憾ながら)プロ野球選手になるのは『東大に入るよりも困難』とよく云われるし、現役を退いた彼らにも、その誇りだけはいつまでも持ち続けてほしいのだが、やはり現実は難しいのであろうか。できることなら、もっと違う形で当サイトも脚光を浴びたいものである。


引退した選手の、その後の足取りを辿った「セカンドキャリアの球人力」というコーナーが週刊ベースボール誌上にあり、筆者も愛読している。故郷・沖縄でダイビングショップの経営者となった糸数敬作。アパレルショップのアルバイト店員から営業社員にまで上りつめた元阪神の山本幸正氏...

両名の記事もなかなか興味深かった。このふたりの元プロ野球選手は趣味と実益を兼ねた職を手をできた、成功例といっていいだろう。運や巡り合わせによる部分もあるのかもしれないが、野球以外に打ち込める“何か”を見つけられた男たちは、やはり「第二の人生」でも輝いてみえた。

元日ハム戦士・渡邉孝男氏。先日、同コーナー内で取りあげられていた。氏はアマチュアでの野球生活を終えたあとに資格を取得し、現在は札幌市内にある整骨院にて、院長として活動されている。記事によると人柄も抜群に良いのだそうな‥。ことプロ野球においてはスポットライトを浴びる機会は少なかったはず。しかし今度の“ステージ”では観客ならぬ、訪れた患者を元気にしている渡邉氏のご様子に、何だかこちらまで励まされた気分だった。


別件で、たしか‥『熟練の手には温かさもブレンドされている』といった記事末尾の文章。今手元に資料がないので一字一句正確ではないのだが、あまりの“締め方”の美しさに胸キュンした。一体どなたが書いているのだろう。いつもながらに感心する。セカンドキャリアの球人力‥‥本当にお勧めの企画だ。



◆OBの糸数も渡邉氏も、あの選手も‥気が気ではない?

日ハムがオープン戦勝ててない模様(笑)。だが、いいんでないの。たかがオープン戦。こんなところで連戦連勝をして運を使いきってほしくない。もったいない。公式戦が始まってから、勝利すればいいのだ。ただ、すべては監督が『勝ちにこだわる』なんて、事前に話していたものだから、ファンをヤキモキと心配させる羽目に。

いらんことまで口にして、報道陣向けにサービスしなくていいのよ?元・キャスター!

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by 羽夢 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。