2015年02月20日

つれづれなるままに、僕のキモチ?

小池徹平とウエンツ瑛士による男性2人組のデュオ・WATが5年ぶりに新曲を出すのだとか...


以前から気にかけていた二人。よく女性誌などで「なりたい顔ランキング」と題する企画が取り上げられることがあるのだけど、もし男版でアレに当てはめるとしたら、私がなりたい顔は小池徹平。まちがいなく彼をドラフト1位指名するだろう。だって美しすぎるでしょ。男であのフェイスは奇跡としか云いようがない。

他方、ひとりの人間とすればウエンツの方に傾いていたのが、僕のキモチ?「あいのり」に(MCとして)出演していたのもあるし、記念すべき初紅白歌合戦でマイクスタンドが倒れてしまうハプニングに見舞われながら、声を張り上げて“生声”で通しきった様に、幾分女性的な外見とは裏腹な“男気”を、彼に見たのだな。さすがに動揺の色を隠せなかった、徹平の横でさ。





ウエンツといえばどことなく彼っぽい、同じハーフの運天・ジョンクレイトン投手。私は密かに『ウエンツ』と呼称していた。‥はて、今はどうしているのか。故郷・沖縄での目撃談をネットで見かけたから、きっと現在はハム本隊もキャンプを張っている同地にいるのだろう。なんか少し切ないなぁ。


実はOKINAWAというところに、一度も行ったことがないんですよ...

なんて、別にそんな改まって述べることでもないが。キャンプ地にまで足を運んで、日ハムナインの仕上がり具合や新戦力の情報をいち早くゲットしてくるのが、本物のファンっつーものなんだろうけれど、金もかかるし何よりめんどくさいし(笑)。まあ試合観戦こそが、筆者の嗜好分野ということで。


しかしながら最近はやたら行動範囲が狭い。よほどの用がなければオフもずっと地元に居座っている。若い頃は「見聞を広めるため」とか、「美味しいものを食べるために」だとか、多少ムリをしてでも“遠征”に勤しんだものだが、今はサッパリだ。特に昨今は出先で事件や事故に巻き込まれる可能性が高くなっているようだし、余計なのかも知れない。


ただ、自分としてはそれでも良いと思うんだよね。家で大好きな菓子を食べていれば、それだけで幸福を感じられる。人間の幸せって、本当はごくごく身近な場所にあるんだ。もはや老人級の境地(?)に達した30代の若輩者。

‥と、悟りをひらいたのか、開き直っているのかよく判らない自分に対し、まさにタイムリーであったのが、こちらの本。




自然と共感できてしまう箇所が多かったのは、それだけ私も「チェーン店」に通いつめている‥ということなのだろう。卑下しているわけでも何でもなくてね。著者の村瀬秀信氏がチェーン店の魅力を存分に、余すことなく本書で語ってくれている。今日のチェーン店はどこも美味しく、決して侮ってはいけない。価格も現代人向けでリーズナブル。本当に良いことだらけだから。

最初にその店にまつわる想い出なり、個人的な見解が述べられたりする。たとえば牛角であれば焼肉にかんする思い出話や、レッドロブスターであればザリガニへの思想などが(笑)。そこで、あらためて店舗に出向き、章の後半で現状を報告していく‥‥本の形態としてはこんな感じ。今年ハム入りした川越工の太田賢吾クンよ、筆者もかつて入り浸っていたロヂャース川越店の前にあった「くるまやラーメン」(※P209)は、まだ元気に営業しているのかい?


そうそう。村瀬氏はDeNAのファンでもあるらしい。「4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史」という本を過去に上梓しているのだが、amazonなどでレビューを見るとすこぶる読者の評価が高いんだよなぁ。私も以前から気になっていて目を通してみたくはなるのだが、如何せんベイのファンではないから「正直買ってまでは‥‥」 そんなふうに感じていた。

膨大な“4522敗”の記憶というのは、そそられるタイトル。日ハムもあんまヒトのことは云えないのだが(笑)。‥でも私が物ごころついた頃に「弱小」の代名詞のようにも云われていたヤクルトや日ハム、ロッテ辺りも複数回優勝しているし、それなり黄金期は迎えているわけで。

ハマも1998年に一度、日本一になったが「瞬間的」なものであったのは否めない。そんな長らく低迷をするチームのファンや選手たちの声。‥訊いてみたい。今となってはベイファンと一切交流を持っていなかったのが悔やまれる。テイストはまったく異なるのだろうけれど、あの「気がつけば‥」を書ける筆力と視点と持つ著者なら、たしかに“ハズレ”はなさそうな気がするなぁ。

おもいきって購入してみるか。チェーン店のブックオフなら、きっとどこかしらの店舗で出合えるはずだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ



ラベル:WaT チェーン店
posted by 羽夢 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。