2015年01月02日

「キャンディ・キャンデイ」 正月SP

皆さま、新年あけましておめでとうございます。


さぁ2015年はどういったシーズンになりますのでしょうか。西の方のチームは大型補強を敢行し、ドラフトでも知名度のある選手がこぞってパ・リーグ球団へ。かつて新庄某が北の大地で言い放った『これからはパ・リーグです』が、今まさにタイムリーな感じ?

他チームのような派手さはなかったものの、ファイターズもなかなか「的確」な補強をしてくれました。新外国人についてはちょっと、未知な部分が多いのだけれど、それでも田中賢介と有原航平の獲得は絶対的に大きかったですよ。現役引退やFAでの選手流出で哀しい話題も少なくなかった今オフですが、おかげでそのダメージも最小限に止めることができました。


個人的に今季もっとも注目するハムの新戦力・有原投手について書かれた記事を発見!

有原「ハムで良かった」開幕ローテ狙う ※nikkansports.com


まさか彼ほどの“大物”が、ハム入りを望んでいてくれたとは‥‥。同じくアマチュア時代に騒がれた中田翔だって『北海道ってどこ?』だなんて素直すぎる感想を漏らしたことがあるくらいなのに(笑)。やはり、あのドラフトのときに見せた「ガッツポーズ」はホンモノだったんだ。嬉しい!!ドラフト前は「安楽派」だった筆者も、今では完全たる「KOHEI派」にすっかり寝返っております。当然ですね。

上記記事によると偉大なるダルビッシュ御大に憧れていたそうですが、広陵高時代も『ドライチ間違いなし』と云われた彼が早稲田大学に進学をしたのは、実は斎藤佑樹から受けた影響も大きかった---そんなエピソードを耳にしたことがあります。早実のときの華々しい活躍、大学でも4年で通算31勝をあげた男、佑樹さんの背中を追いかけて。

‥既存戦力ではこの斎藤こそ、今季もっとも期待を寄せている選手であります。勝手な評論家やファンが予想する「先発6枚」の中に、自分の名が挙げられていないのを知ったら、彼は悔しい思いをするでしょう。昨年終盤頃は本当に良い投球をしていたんです。ここまで故障もなく調整も順調であると訊いています。今年こそ、ファイターズの「18番」らしい働きをしてくれるはず。


ところで皆さんは「キャンディ・キャンディ」ってご存知ですか?かなり唐突ですけど。私、あのOPで使用されていた曲が好きなんです。一発で判る印象的なイントロもさることながら、とにかく歌詞が秀逸すぎる!

皆だれしも自分の嫌いな部分、あーしたい、こーしたい個所ってたくさんあると思うんです。でもすべてを認めて、受け入れられるようになったら、不思議なくらいヒトは毎日を愉しく生きられるようになるんですねぇ(いつのまにか文体が「淀川長治化」しております)

それを的確に表現し、唄ってくれているのが同曲なのであります。筆者(♂)もキャンディキャンディに救われたうちのひとりです。それまでは魚みたいな顔をしている自分の顔が、心底ヤだったのですがw





2015年の佑樹はこの「キャンディ・キャンディ」の歌のようであってほしいと思います。皆さまもぜひ(心の中で)唄ってあげてください!キャンディキャンディ、ファイターズVersion♪


中傷なんて きにしないわ
日ハム だって だって だってお気にいり

かんとく 仲間もだいすき 
くるまはスバルがだいすき
わたしは わたしは さいとうゆうき

ひとりぼっちでいると ちょっぴりさみしい
そんなときこうするの 拳士(ケンシ)をみつけて〜

かまって かまって かまって ケンシィ〜
笑顔でいっぱい今年は ね! がんばれゆうき



笑顔あふれる一年でありますように...

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by 羽夢 at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オレンジ時代からのファンからすると、今の中田や大谷がテレビで取り上げられてる事がどこか現実感ないというか……ハムの4番なんて、かつては誰も知りませんでしたからね。いや、こんな時代がくるとは思いませんでした。(糸井がいたら、さらに凄い事に…まあ、それは言わない約束か)

斎藤はずっと応援してるのですが、最近は良い意味で目立たなくなったなと感じます。

マスコミは人気急落、そっぽを向かれたハンカチ王子、と煽ったりしますが、浮きがちだった存在がチームに溶け込み、地に足がついてる感じがしますね。

杉谷共々、今年は活躍しますように。

Posted by トモンチョ at 2015年01月03日 08:49
>トモンチョさん

本年もよろしくお願いします。

‥目立たなくなってきてますね(苦笑)。でもいくつかの記事をみると、こういった状況は本人にとってむしろ悪くはないのだそうです。今まで以上に野球に集中できると。

中田はまだしも、翔平に関してはちょっとスケールが違いすぎますからね。なにせ「二刀流」ですもん。斎藤君の人気をもってしても彼には太刀打ちできない(笑)。

まあここは考え方を変えて、チームにスター選手が何人も居るというのは、決して悪い話ではありませんよね。みなさん頑張ってほしいです。
Posted by 羽夢 at 2015年01月03日 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。