2014年11月13日

「球界カミ事情」

岩手県で新球団が設立されるらしい。その名も三陸鉄道キットDreams

現役メジャーの岩隈久志をGMに招聘したことよりも、チームマスコットとして、バッファローマンを起用するプランには仰天した。なぜなら彼は漫画「キン肉マン」に登場してくる悪魔超人の「代表格」として、キン肉マンの前に立ちはだかった“悪役”のひとりだったからである。




のちに味方となるものの、筆者は彼にあまり良い印象を抱いていない。キン肉マンを裏切ってモンゴルマンとコンビを組んだり、王位継承編でも仲間にはならなかった。もちろん彼とてやむにやまれぬ事情があったわけだけど、「肝心なところで使えないヤツ」 ‥そんな印象を拭えずにいた肉ファンも、少なからずいたのではないか。

見ためだって、子供から愛されるような風貌ではない。可愛さでいえば、いっそキン骨マンの方が愛きょうも兼ね備えていていいと思うのだが、Dreamsはバッファローマン最大の武器である「角」に目をつけたそうだ。岩手の特産品である短角牛にちなんだもの。‥そういえばあの角がキン肉マンの腕に埋め込まれたりしたこともあったっけ。

“普段”彼は往時の石立鉄男よろしくな、長髪アフロヘアーをしているのだが、実はこれが「ズラ」だった‥というのはファンの間でも有名な話。禿げているのか剃っているのかは判らないけれど、髪がなくなったバッファローマンはさらに威圧感たっぷりなのだ。当時集めていた「キンケシ」を今も所持しているので雰囲気だけでもつかえめてもらえたら、これ幸いである。


buffrow.jpg

しかしながら、この手の“薄毛な選手”というのも昨今ずいぶんと減った。「生育環境」が以前よりも良くなったのだろうか。一昔前は各チームにひとりくらいは必ずいたような気がする。日ハム・H瀬T朗、近鉄・S野S紀、西武・W辺久N...

でも彼らはそれを包み隠さずに、なにか自分のトレードマークにさえしていたような印象も受けた。少し遡ってロッテにいた倉持明氏は現役時代にカツラCMの出演経験もある。おかげで筆者は氏の薄かった時代を目にしたことはないが、娘の明日香をみるたび、「オンナで生まれてきて良かったなぁ」と想うときもある。

現役のハムの選手はみんなフッサフッサだ。“らしき”人も現時点は一人も思い当たらない。過去になら疑念を持った選手はいる。一頃、外国人選手の間でスキンヘッドが流行し、一様に頭をきれいに丸めていたことがあった。ブルックスとウィルソン、シュールストロムにフランクリン‥‥。もちろん単なるオシャレであった可能性は高いけれど、もしかしたらこの中に「隠れバッファローマン」がいた!?


外国人バナシで思い出したが、ハムが新助っ人を獲得した模様。ブランドン・レアード内野手。メジャー通算6本塁打って、凄いのかそうでないのか釈然としない立ち位置であるが(笑)、3Aではそこそこの成績を残していたそう。まあ前述のウィルソンもMLB通算2本塁打でありながら、日本で2度もキングを獲得したような打者だったから、こればかりはやってみなければ判らない。彼を目にする機会があったら、ついでに髪型にも気にしておこう。


ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by 羽夢 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。