2014年10月15日

「ファイナリスト」

先日『「終わりよければすべてよし」となれるように』なんて話をしたけれど、実際にこんな試合を観させてもらえたのなら、2戦目は“負けても”よかったと思えてくる。負けてよかった‥は少し語弊があるかもしれないが、でもそれくらい、オリックスとのCS第3戦目は素晴らしい内容の試合であった。


正直何度もダメかと思った。チャンスはありながらも、例によってあと1本、もうひと押しができない‥。そういったときは投手陣になんとか踏ん張ってもらうしか道はない。息づまるような苦しい試合展開のなかで、2番手で登板した鍵谷陽平の投球に勇気をもらった。7回は圧巻の3者三振締め。強い気持ちが球にこもっていた。

そして8回の一死3塁。迎えるは相手の3、4番。文字どおり絶対絶命な局面で、窮地を救ってくれたのが、宮西尚生。強打者を前にしても怯むことなく、真っ向から勝負で挑んで連続三振に斬ってとった。万全なコンディションではないながら、気迫で放った「宮西の10球」‥‥。やはり、うちには彼がいなければダメなのだと、今回の三つの試合を通じてあらためて思い知らされた気分になる。


2戦目の試合を決めたのがオリックスの4番なら、ファイナル進出を決定づけたのもハムの4番打者・中田翔。「ホームランにはホームランで」と云わんばかりに、10回に決勝となる“劇弾”をバックスクリーン横に放りこんだ。そこに至るまでプロセスなんかどうでもいい。勝利に直結する一打を放つ者こそ、チームの4番打者。昨夜の君は最高にかっこよかった...


個々に目をむければ多少引っかかっている点もある。ひと際目を引くのが中田の前を打つ陽岱鋼の“絶不調”ぶり。3戦を通じて1安打‥。好機で凡退を繰り返すシーンもあった。陽が打たなければ得点力は大幅に落ちてしまう。第2の故郷・福岡の地で、ファイナルシリーズは息を吹き返すことができるだろうか。

台風の順延によって移動日なく、その福岡に乗り込むこととなった。不幸中の幸いにして、大阪からであればそれほど遠方ではないし、選手の負担も少なく済みそうだ。しかしファーストステージでの激闘で疲労もあり、またローテーションのやり繰りの観点からいっても、まちがいなくハムには不利な戦いになるであろう。“勢い”だけで勝ち進むのは、相当困難であることが予想される。

オリックスのときと同じように好勝負を、そして「ファイナリスト」として恥じない試合を、ソフトバンク相手にもしてほしい。私が心から望むのは、本当にただその一点だけだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ



ラベル:宮西直樹 中田翔
posted by 羽夢 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。