2014年08月29日

生まれた時からアル○ンテ

「幸薄そう」 そんなふうに形容した語句がネット上で散見する...


木佐貫洋が登板したゲームにおいてだ。
たしかに、いつも周囲に“悲壮感”みたいなものを漂わせるようにして、一所懸命投げている。

幾分頬をこけた(ように見える)面長の風貌に、あの髭の濃さが合わさって一層彼をそう見せているのか‥‥はたまた「電車旅」が趣味などという、野球選手らしからぬ?イメージが先行してしまったためなのか、起源は、私にもよく判らない。


フードブロガー・平野紗希子も、居合わせた学生に『幸薄い』と云われたことがあるらしい。今年の春まで「花の女子大生」だった彼女はありがちな、ただ単にウマイ・マズイと書き連ねているだけのブロガーではなかった。彼女の“視点”に、今注目が集まっている。




頻繁に足を運ぶのは全国にあるような、ありふれたファミリーレストラン。取りあげる食材も学食のメニューだったり、立ち食い蕎麦屋であったり。そんな場所から感動や発見を得ていたりする。近所にあった「リンガーハット」について触れた記事を読んだときは、自分も一気に親近感を抱いてしまった。

あぁ、こんな“幸薄女”と、セックスのこととか何も考えずに、同じテーブルで向き合っていたい‥‥。我々のもっと身近なところに、幸福は在るのかもしれない。平野嬢はそれをボクに気づかせてくれた。慶應大で同級生だった白村明弘よ。彼女と親しくなって、この真の「幸薄男」にご紹介していただけないだろうか。


そういえばアルデンテ繋がり?でアルモンテって名の外国人選手、ハムにいたよね。まだ“現役”で頑張っているのだそうな...


ブログランキング・にほんブログ村へ



ラベル:平野紗希子
posted by 羽夢 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。