2014年07月04日

「ハムの紳士」

西武対日ハム戦を観に、大宮球場へ行ってきた。


夜からの予報だったのが、試合前からポツポツと雨が降りだし、開始前頃にはいよいよ“本降り”となってどうなることか心配したのが、大宮に集った両チームのファンの願いが天に届いたようだ。滞りなく試合は行われた。


omiya.stadium2.jpg
2014.7/3県営大宮球場


古くからハムがドーム球場を本拠地にしていたこともあり、振り返ってみれば「雨中」での観戦は初。傘をさしながらでは、グランド上の選手たちがみづらくて仕方がない。でもまぁ「これも良い経験」と、あくまでポジティブに受けとめるように努めた。

大宮開催と待ち望んでいた者に、前日の「劇的弾」の余韻をそのまま持ち込んできた感じの者‥。こと、相手ファンは開始前から盛り上がっていて、若干私も肩身の狭い思いをした。


天気同様に、そうしたモヤモヤ気分を一気に晴らしてくれた小谷野栄一の代打・同点タイムリー。本当にしびれた!相変わらずの勝負強さ、『さすが北の打点王!』 と、年甲斐もなく、ひとり内野スタンドではしゃいでしてしまう、武田久世代の男‥。

近くにいた人と歓喜のハイタッチを交わそうとしたが、私を取り囲んでいた多く観客が西武ファンだったことを直前に思いだし、危ういところだった。


しかし“同点どまり”ではビジターだし、向こうの方が一発のある打者がたくさん控えているので、まだ劣勢と云わざるをえない。「ここでなんとか勝ち越しておかなければ!」と願っていた矢先に、ミランダのタイムリーだ。左対左をまったくものともせず、ライト前へ鋭く弾き返した瞬間から、筆者のなかで“ミランダ”の優先順位は「カー」よりも「ホアン」になった...


そういえば観戦前に球場と隣接している、埼玉県下では有名な「氷川神社」というところで参拝してきた。もともと「パワースポット」巡りが好きな私ではあるが、無論この日はハム勝利の祈願も兼ねて。

一緒にいた知人と、どこの席で観戦しようかと売店の前でアレコレ迷っていたら、おもむろに紳士が近づいてきて『余ったからコレやるよ』 と、我々にチケットを差し出してくれた。しかもハム側の内野席。まるで何かに導かれているようだった。

さっそく“パワスポ”効果!? ‥いえいえ、紳士の厚意に心から感謝し、試合にも無事勝利して、あいにくの天候ではあったが、本当に気分の良い一日となった。チケットをくれた紳士様、この場を借りて本当にありがとうございました! m(__)m


omiya.stadium1.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:県営大宮球場
posted by 羽夢 at 10:36| Comment(1) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さんお疲れ様です。僕はその試合をテレビ埼玉のライオンズアワーで観ていました。特にダメ押し点となる大引の3点タイムリー3塁打が大きかったです。敵地の西武戦は3点リード位だと心配なのであのダメ押し点が大きかったです。ダメ押し点と言えば2007年8月25日(土曜日)の西武ドームの西武戦で3ー2の1点リードからファイターズがダメ押し点を取りまくり最終的に12ー3で大勝したのを覚えています。今中日にいる工藤が押し出しの四球と走者一掃の3点タイムリーを打って4打点の活躍をして吉川の西武ドーム初勝利をアシストしたのを覚えています。そしてこの年20年ぶりの西武戦勝ち越しを西武との最終戦で決めたのを今でも覚えています。
Posted by 東京のキャロット at 2014年07月06日 02:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。