2014年07月02日

「おかえりなさい」

試合終盤、ベンチ内で小谷野栄一と武田勝が談笑し、丸見えのブルペンには武田久が控えている...


そんな、昨年までは“日常的”だった光景を目にしながら【なんかいいなぁ】。この3選手が帰ってきただけで、同じチームとは思えないくらいの安心感を覚えた7月最初のゲーム。あと稲葉篤紀が加われば、それはより強固なものとなるのだろうか。

体調不良のミランダも戦列に復帰し、三番に小谷野‥‥。予想していたよりも若干回復が遅れている近藤や陽岱鋼も、まもなく戻ってくるだろう。つい一昨日まで【迫力に欠けるなぁ】と思っていたハム打線、意外に強力ではないか!


武田久も実に良いタイミングで復帰してくれた。ファーム調整となった増井の穴と、精神的な傷は百戦錬磨の背番号21がカバーしてくれるにちがいない。当面はクローザーとして本領を発揮しつつあるクロッタで、最後は締めてもらいたい気もするが、投手陣を束ねる「総大将」として、もはや1軍ベンチに居てくれるだけでいい。‥んなわけないか(笑)。もちろん大戦力として期待を寄せている。


約2カ月ぶりとなる今季2勝目をマークした、もうひとりの武田、勝。開幕から低空飛行を続け、ようやく初勝利をあげたとき、筆者は「もう大丈夫だろう」と、ここで書いた。しかし次の登板から、再び先発投手としての役目を果たせぬまま2軍落ちしてしまい、私の顔も丸つぶれであったが、そんな過ぎ去った過去のことはもうどうでも良い。

武田勝には「先発の柱」となってほしい。栗山監督もその想いがあったからこそ、あえて5回で降板させた。良い形のまま終えて、気持ちよく次の登板を迎えてもらいたい。何よりマサル自身に勝たせてあげたいんだ‥‥。

よし、タイミング的に今だ!今季2度目の「だいじょうぶだぁ」宣言。変なおじさんならぬ、HAMファンのおじさんは今度こそ、彼の完全復活を信じている。


考えてみたら、左右の「先発の柱」候補だった吉川・木佐貫もいないなかで、よくぞここまで勝率5割近辺を維持してくれた。平均年齢が、もしかすると鎌ヶ谷組を下回りそうな若手主体のメンバーでありながら。武田を皮切りにして、彼らも戻ってきてくれたら更なる戦力アップを見込めるのは云うまでもない。

オールスターまでなんとか五割ラインをキープし、野手陣も含めてみんなが帰ってくる後半戦には、日ハムの大躍進・逆襲が始まるのではないか?そういった期待すら抱かせてくれた、まずはベテラン3選手の「おかえりなさい」ゲーム。最終的に狙うはもちろん、リーグ優勝である。

ブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:武田勝
posted by 羽夢 at 09:44 | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。