2014年04月25日

東京ドームの思い出

一夜かぎりの「ビックバン打線」復活?


前日の僅差の試合から一転。23日のソフトバンク戦は1試合5本、両軍あわせて9アーチが乱れ飛ぶ空中戦!なんか懐かしかった。東京にいた頃はあんなゲームばかりやっていたから。あれでもう少し投手力も兼ね備えていれば、きっと1回くらいは優勝できたのだろうなぁ。いや、ダルビッシュ有クラスの投手がひとりいたら‥‥上田さんなり大島さんなりの胴上げが拝めたかも知れない。


2日間の客入りがイマイチだった。たしか東京ドームは満員で45000人強だっけか。ちょうど半分くらい‥か。そもそも2階席も開放させないようでは「元本拠地」として示しがつかない。2階席からの眺めがこれまたよくて、“ツウ”なオヤジたちは大抵羽を伸ばしてあそこによく行ってたものよ。お勧め。だから次回はせめて、2階席開放を目指そう。


もっともあの程度の入りであれば、実数発表をしていなかった当時なら、まちがいなく3万人以上と表していたでしょうね。本当、アバウトな時代だった。私が記憶している範囲内では近鉄戦の観衆「8000人」なんて試合があったけれど、おそらく実数は1000人程度だったと思うなぁ。ガラガラと通り越して ガランガラン?

ファンの私が心配してしまうくらいだから。こんなんで本当に採算とれるの?って。売店の子とかすごく暇そうにしててさ。さぞ良いアルバイトだっただろうね。まぁそのお陰で係員をしていた自分も試合には没頭できたんだけど(笑)。【ユキオー!】とか、【こら岩本しっかり投げんかい!】だなんて、心の中でエールを送っていたのも、今となればいい思い出ですわ。


公私にわたって「in 東京ドーム」は他にも思い出がありすぎて困ってしまいますが、そうだなぁ‥‥せっかくだから“関連性”があるネタとして23日も放った寺原投手?彼のプロデビュー戦が東京ドームでのハム戦でした。

日ハムはその寺原を打ち崩したんだけど、最終的には負けてしまったんですよね。たしか抑えの井場が城島か誰かに逆転ホームラン浴びて(苦笑)。なんか中途半端だったよね。寺原に花をもたせるわけでもないし、でもチームは結局負けてるし‥‥。いっつも詰めが甘かったんだよねぇ、東京にいたときの日ハムって!!

ブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:東京ドーム
posted by 羽夢 at 00:11 | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。