2014年04月23日

健闘を祈る、色々?

とある倉庫内で働いていたときの話...


そこに職場の皆から恐れられている、フォークリフト乗りのおっちゃんがいた。みるからに近寄りがたい暗澹なオーラを発していた通称・フォークと、ある日喫煙所で遭遇してしまう。何か会話をするわけでもなく、しばしの沈黙の時間が流れるなか、ひょんなことから昔乗っていた車の話になった。

人生で初めて手にしたマイカーがホンダ「プレリュード」。その事実を伝えると、明らかにいつも陰気な彼の表情が変わった。聞けば過去に同車種に乗っていたことが判明。しかも年式や車体の色までかぶっていたらしく、これで私に対して一気に親近感でも湧いたのか、以後わりと気さくに話しかけてくるようになった。山で猪と鉢合わせしてしまった際の対処法‥近場でよさげなキャバクラ‥‥。こちらが尋ねてもいないことを(笑)


プレリュードが私とフォークとの距離を縮めてくれたの云うまでもない。この事例からみても「共通の話題」があるというのは、やはり相手と密接な関係を築いていくうえで必須なファクターであり、ときとして大きな“武器”ともなる。‥今度、鎌ヶ谷で婚活イベントが行われるそうだが、共通ネタが「日ハム」である彼・彼女らは大いにそれを活用していくのだろう。特にハム好きの殿方にとっては“ハムっ娘”な嫁を手に入れられる(かもしれない)、一世一代の大チャンス!!


‥だが、「婚活」と銘打たれると女性側もハードルを相当上げてくるのが推測され、敷居が高い気もする。ただのハム好きだけでまかり通れるほど現実は甘くはなさそうで、今の1軍以上に、厳しい戦いが展開されることも予想される。はたして熱い「ハム愛」が年収や学歴、容姿といったものに打ち勝ち、乙女の心を揺り動かすことができるのか‥‥。“同志”たちの健闘を祈る。


なんて、いつまでも“恋バナ”なぞしてる場合ではない(苦笑)。‥とりわけ今回触れてみたかったのは緊急補強したアンソニー・カーター投手について。メジャーでの実績はなく、195センチの長身右腕だそうだ。なにかクロッタの活躍で味をしめたような獲得劇だけれど、以前から目をつけていた投手らしい。

中継ぎで起用を示唆していたが、さいわい今シーズンの日ハムのリリーフ陣は優秀なので、できたら先発タイプの、しかも不足気味な左腕を獲っていただきたかったところ。まさか、クロッタを先発に回す気でもあるのだろうか。

先発技巧派左腕の触れこみで獲得し、まったく使いものにならなかったトーマスの例もあるし、考えてみたら近年は日ハムだけでなく、球界全体を見渡しても右投手が活躍している傾向が高い。一目みた印象ではが特徴的だった。ぜひ第2のミコライオのような存在になってほしい。大型右腕の健闘を祈る。

ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 羽夢 at 10:52 | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。