2014年04月21日

球界維新

何年か前に、巨人の原監督が『慎之助のチーム』なんて発言をしていたことがあった。守りでの負担が大きいとされる捕手でありながら4番打者も務める‥攻守の要として、阿部がチームに欠かせない存在であるのを称えていたのが意。この原監督の言葉を借りれば現在の日ハムも、さながら『翔平のチーム』といったところか。


20日の東北楽天戦。それまでなかなか先発として役割を果たせない投手も多かったなかで、7回途中までを投げて2失点(自責0)。大谷は回の途中で降板してしまったのを悔いていたが、本人以外、他の誰もおそらく彼に不満は抱かなかっただろう。予定より幾分早い宮西尚生の投入とはなったが、なにせ連敗中はこの勝ちパターンを担う投手らを継ぎこめるまでの展開にすら、持ちこめなかったのだから。


先発としての役目どころか、連敗中のチームに蔓延る重苦しい空気を一掃してくれるような、気持ちのこもった投球。久々に“力で押す”とか“ねじ伏せる”といったそれをみた気がする。6回のピンチの場面でジョーンズと対峙した際はストレートで真っ向勝負。空を切らせた、最後の154キロの速球は圧巻だった。大谷翔平にはこれができる。



記録にとどめておきたかった。久々に映像も


規定打席には満たしていないが、主軸ではチーム1となる打率もマーク。つい先日、打者・大谷を絶賛していたメディアも多かった。もう「二刀流」に異を唱える者はでてこないのではないか。よほど偏屈な関係者でないかぎり(笑)。“先駆者”となった彼をみて、もしかしたら二刀流に挑戦する選手が今後、増えていくのかもしれない。

そういえば大谷は移りゆく幕末の歴史が好きで、「革命」や「維新」というものに惹かれているのだそうだ※1。なるほど...


※1.wikipedia「大谷翔平」より
ブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:大谷翔平
posted by 羽夢 at 10:06 | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。