2014年02月01日

ときめきを ビッグスリーに 覚えたり...

新シーズン、あけましておめでとうございます。


当サイトでは“新年”の挨拶をきょう、2月1日に毎年しているのですが、ここに至るまでが、とても長く感じられました。昨年は10月6日が最終戦でしたので、約4ヶ月ですか‥‥。これだけ長い、ファイターズの試合をみれなかったオフ期間を過ごしたのは、いつ以来でしょう(苦笑)。プロ野球の話題がにぎやかになる、待望の季節が今年もやってまいりました。

まず全体に目を向けてみますと、2014年は冬季ソチ五輪やワールドカップといったビッグなイベントが控えておりますので、興業的にはなかなか厳しいシーズンとなることが予想されます。こんな年はせめて、セ・パともに白熱した優勝争いを繰り広げてほしいものですね。私たちもできるだけ球場へ足を運んで、選手を応援しましょう!


他のどんなスポーツよりも、筆者にとって最大の関心事は、やはり前年最下位だったファイターズの動向であります。今年はどうでしょうねぇ‥。今の時期ではまだ何とも云えないところでありますが、Fsが誇るビッグ3。中田翔斎藤佑樹大谷翔平の元気のよさが目立ちます。華のある彼らが揃って活躍してくれるようなことがあれば、ファイターズはまちがいなく逆襲に転じていくでしょう。それを切に願っているファンは、判りやすいミーハーな私以外にもたくさんいらっしゃると思います。

中田の商品展示会で突如の『おっぱい』発言には面食らいました(笑)。近寄りがたい風体もそうだけど、彼のような“不良系”キャラは、ちょっと今までいなかったですよね。昨年はチームが低迷していたのもあり、お立ち台などでも、やや“おとなしめ”な印象を受けてしまったのですが、今年はどんどん暴れまわって名実ともに、北の番長 を襲名してほしい。


中田とは正反対な優等生(?)キャラ、大谷。訊くところによると二刀流は継続しつつも、2014年は「投手メイン」でいくそうです。なんでも先発ローテに入って中6日で回すのだとか?

‥そりゃそうでしょうね。だって昨春のキャンプでは打撃と守備練習の兼ね合いもあって、投げ込みも他の投手の半分、いや、もしかしたらもっと少なかった可能性もあります。それでいて160キロ近い高速ボールをビュンビュンと放り、3勝もあげてしまうのですから。肩が万全の状態でシーズンに臨んだら、一体何勝してしまうんだっていう話。あのボールにコントロールの精度が増せば、今年は背番号の数くらいの勝ち星は、期待しても良いのではないでしょうか。

斎藤はにわかに「中継ぎ転向案」が浮上してきているらしい。うーん、できれば先発でいってもらい気もしますけどね。彼は頭でいった方がしっくりくるし‥‥って、そういう問題じゃないですよね(苦笑)。でも早実時代に近いフォームに戻したとの情報もありますし、どちらにせよ生まれ変わった斎藤佑樹は今年はやってくれるはずです。田中将大なき後のパ・リーグ人気を支えていくのは、もうこの男しかいない! 是非それくらいの気概で。


彼らの2014年の飛躍を夢想していたら、はやくも開幕が待ち遠しくて仕方がないです。キャンプを飛び越して(笑)。なお筆者は日中は別の仕事をしている関係でキャンプ中継を目にすることができません。よって大した情報もお届けできないので、今月も引き続き駄文エッセイを綴っていく予定でいます。それでは気持ちあらたに、2014シーズンもよろしくお願いいたします。


≪参考≫
ハム中田胸囲122センチ プロレスラー棚橋並み

ブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:大谷翔平
posted by 羽夢 at 23:57 | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。