2013年11月21日

印象に残る 「トレード劇」 vol.3

「不可解」といわれれば、そういう見方もありますね...


先日発表されたDeNAの佐藤祥万投手と加藤政義のトレード。栗山監督のコメントとして『うちは左が補強ポイント』なんて報も出ていました。‥しかし、どうせならここは『祥万をどうしても獲得したかった!』の方が、我々ファンもシックリといったのではないでしょうか。

なぜなら前年に同じチームと、同じような1対1の交換トレードをしたばかりで、そのときに左腕の土屋健二投手を放出しているのだから。左投手がウィークポイントなら、伸び盛りであった土屋を、みすみす手放す必要もなかったのではないか‥と。


もっとも年ごとに選手の顔触れは変わるわけだし、昨年と今年とでは取り巻く環境がまた変化してきているのも事実です。それにしたって‥というのが、現場にはいないファンの率直な感想。交換相手の北篤は怪我もあって、今シーズンの1軍戦での出場は0。一方の横浜に行った土屋は、プロ初勝利含む2勝をマーク。ハム出身者として嬉しさ半分、下記のようなニュースを目にしてしまうと、虚しさも半分‥。なんとも複雑な気持ちになります。


【DeNA】土屋100万増来季開幕枠だ ※日刊スポーツ 


ここまでの経緯と、さらに今後始まっていくであろう土屋の“ストーリー”は、否が応でもあの選手の記憶を呼び起こさせます。ベイスターズの前身・横浜大洋と22年前に交わしたトレードの当事者。ファイターズはあるベテラン投手を獲得するのに、4年目の島田直也投手を交換要員としていました。

土屋と同時期に移籍した島田直投手は移籍初年度に、待望のプロ初勝利。それどころか、以後は中継ぎエースとして横浜の一時代を築くまでに成長。1998年には大魔神に繋ぐ、強力リリーフ陣の一角を担って日本一にも貢献されています。

くしくも同年のファイターズはシーズン後半からの“投壊”により、逆転Vを許してしまった年。あの時ばかりは、本当はこんなこと考えてはならないはずなのに、幾度私の脳裏をかすめていたのでしょう‥‥ 『直也がいてくれたら』 と。


おそらく鯨からのファンなら感涙級‥


球団とすれば‥いや、もっと厳密にいうと「戦略的」に見たらあのトレードは“失敗”だったと云わざるを得ません。ただ、当事者の目線でみたら、きっと“正解”だったのでしょうね。島田直投手も横浜へ行ってプロで成績を残すことができたわけですし、もしあのままファイターズに留まっていても芽がでなかった可能性は、否定できません。

そういった意味では横浜球団と、同投手にかんしては有形無形の財産をもたらしてくれたトレードともいえます。‥結果、悲しいかなファイターズには何も残りませんでしたが(苦笑)


したがって一昔前の金融系のCMではないけれど、一歩踏みとどまって『よく考えてから』『計画的に』 トレードを敢行してほしい。するなら。土屋しかり、近年はどうも自前で育てることに、いささか見きりをつけるのが早すぎる気もしています。「育成上手」と周りから持てはやされてはいるけれども、そのほとんどがドラフトの最上位で獲ってきたような、元の素材からして最高の金の卵たちばかり‥。もっと“たたき上げ”のストーリーを、ファンは見てみたいのです。

‥無論、移籍をしたからには新天地で活躍してほしい気持ちは私とてありますが、せっかく縁あってきてくれたのだから、どうせならファイターズで花を開かせてほしいですものね。プロ未勝利の「横浜発」佐藤祥万投手が島田直投手や土屋の“逆バージョン”で、北の大地で飛翔する‥‥。たまにはこんな物語があってもいいでしょう?


【話題度】 D
【巧度】 E
【成功度】 E
※1991 島田直也⇔石川賢

≪追伸≫
島田直也といえばOBの芝草宇宙氏と同期入団で、ともに高校時代は甲子園を沸かせた投手でした。このふたりが「リリーバー」の適性があったなんて、今思うと面白いですよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 羽夢 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。