2013年10月29日

「ゆくる人」 特別編 ≪2013≫

幼少のころは埼玉の川越市に住んでいて、近くに西武新宿線が行き来する、南大塚という駅がありました。当時私は子供ながらに、疑問に感じていたことがあったんですよね。決して電車が走ることのない、とある線路の存在に...

同駅を起点にし、これがずっと続いているのです。しばらく道路づたいに辿って行くと、途中分断されている箇所はあるものの、明らかに誰がどうみても、電車が走っていたと思われる線路。『一体なんのために?』 『なぜこのようなものが長らく“放置”されているのか?』等々、不思議で仕方なかったのを覚えています。


私も大人になり、だいぶ時が経ってから「安比奈線」の存在を知りました。大昔、たしかに電車は走っていたのです。正確には貨物列車が。ただ、実際にそれが機能をしていたのは、もう40年以上も前の話‥。安比奈線の、線路だけは半世紀近くも、そこに在り続けていたのです...


ahina-line.jpg
線路は続くよ どこまでも〜


面白いのは「廃線」ではなく、あくまで“休止”扱いであるということ。‥そう、休止ということはいつかまた、この線路の上を電車が走る可能性も残されているのです。したがって放置ではなく、いつかのために“保存”しておいてあるのですね。野球風にいうと現状維持(笑)。しかも計画として挙がっているのは今度は旅客線としてで、同じく川越市にある的場駅まで延伸する構想もあるそうです。


的場‥といえば的場直樹氏がファイターズの2軍バッテリーコーチに就任されましたよね(笑)。突拍子もないのは私の専売特許ですが、ハムをかじっていない同氏の抜擢も、なかなか意外な人事。

ロッテ時代のかっこいい応援と、ホークス時代にプレーオフでファイターズがリーグ優勝を決めた瞬間、森本稀哲がサヨナラのホームを駆け抜けた直後に、尻もちをついてうなだれていた姿が印象的でした。来シーズンからは因縁めいた?そのファイターズのユニフォームに袖を通して、ディフェンス面の強化に当たってくれます。選手と一緒になって動ける若さ(36歳)も魅力的。的場コーチ、よろしくお願いします!


さて、今度は駅の的場!(笑)。安比奈線の“復活”は現段階では相当難しいようです。ただ、あの朽ち果てた線路を整備し、森の中を走って行くジブリ映画さながらな景色を“安比奈線の車窓”から‥‥ぜひ眺めてみたい。以前からあの場所を知る者としては一層のロマンを抱いてしまうのであります。

稀にある西武鉄道主催のイベントでもないかぎり、線路内に立ちいることはできませんが、線路に沿ってルートを辿っていくことはある程度可能。天気が良い日などは本当にいい画が撮れますので、「廃○好き」さん達にも人気のあるスポット(上の画像はそうでもありませんが)。私も季節ごと年に何回か訪れては、うつりゆくその姿を収め、在りし日の安比奈線に思いを馳せています。


ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 羽夢 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。