2013年10月17日

「ゆくる人」 退団編.2 ≪2013≫

トレードでファイターズに来ると判ったとき、本当のことをいうとすごく嬉しかった...


2000年前後の頃はCS放送もまだそれほど普及していなかったので、テレビ観戦といえばやはり巨人戦。そこにいつもまぶしく映っていた、当時としては珍しい“打てる”ショートストップ。優勝を決めるサヨナラホームランを放って巨人ファンの身内が涙していたこともあったな。2打席連続で満塁ホームランをかっ飛ばした試合もあったっけ‥。

あの全国区のスーパースター・二岡智宏がうちにやってくる!

‥もちろんファイターズも主力投手を代わりに放出していたのでショックも多少はあったのだけれど、でもそれをかき消してしまうくらい、二岡選手の加入には小躍りしたくなる思いでした。


私の手元に一冊の本があります。元はといえばこれから入団してくるスターをもっと知ろうと、念願かなって手にいれた本。 「青い空を見上げて」





こちらは二岡選手の当時の心情を綴った日記、周辺にいる人たちから見た、同選手に対する“証言”、さらにはプロ3年目にあたる2001シーズンまでの軌跡をライターが書き起こしたものもあります。2001年までというと、ちょうど長いスランプと故障に苦しんでいた「低迷期」で、本書からもその苦闘ぶりがうかがい知れます。‥翌年になってから日本シリーズでMVPを獲得したりと、ようやく全盛時代を迎えることになるのですけれど。

ファイターズに移籍してきた当初も足の故障がまだ完治していなく、万全といえる状態からは程遠かったために、なんだか重なって読めてしまう箇所もありました。ただ、読めば読むほどに、一般的なイメージとして定着されていた“クール”とはまるで真逆な選手でいるのがよく伝わってきます。たとえば「6月某日」の日記...


スタメン落ちの日が多くなった。
今の状態では仕方がない。
ただ、自分を信じて毎日、努力するだけ。とにかくやるしかない。
P122より


ある記者が握手をしたら『岩のように(手が)堅かった』という証言もあります。これも昼夜問わず素ぶりを繰り返してきた、たゆまぬ努力の結晶。古傷の影響でほとんど守備には就けず、ベンチを温める機会も多かったファイターズではここぞの場面で登場してくる代打として勝負強い一打を数多く放ち、北海道のファンを魅了してくれました。「原点」が、ひょっとしたらあの頃にあったのかもしれません。


右中間へグングン伸びていく“二岡らしい”、彼にしかできない打撃は巨人時代からサビついておらず、登場曲として使用していた「スカイハイ」を聴くたびに、不思議と胸の高鳴りを覚えたものです。

たくさんの夢を与えてくれた二岡選手の未来が、台風の嵐が過ぎ去ったあとにひろがる美しい青空のような、どうか穏やかなものでありますように...


お宝Photoも満載!
nioka.book2.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 羽夢 at 01:34| Comment(4) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さん、お疲れさまです。

若かりし頃の二岡さんのお写真!有り難うございます(笑)

やっぱり寂しいです。脚の状態を考えて予想はしていました^^;コーチで残して欲しいなぁって思っていました。でも、球団にはそのような考えはなかったみたいですね。

鎌ケ谷へマスコミが取材に行った時には球団から何も聞いていないから…と話されたそうですね。

二岡さんの集中力の高さや勝負強さ技術の高さは今のファイターズの若手には勉強になると思うのですが…。マスコミ対応はダメかな?(苦笑)

個人的にはコーチで残って欲しいです。

スカイハイで盛り上がることが出来ないなんてガッカリです(笑)

今後の事が発表されていませんが野球には携わって欲しいです。
本当に寂しい季節です…。
Posted by ゆき at 2013年10月17日 17:09
>ゆきさん

いつだったか、大野選手が「スカイハイ」を登場曲に使ってましたね。ゆきさんも某所で言われていましたが(いつも参考にさせてもらっています 笑)、公私において二岡さんによくしてもらっていたそうで‥。そういった話を聞くと、何だかよけい悲しい気持ちになります。

>>マスコミ対応はダメかな?(苦笑)

記事中の本の中にもあるのですが、この手のことに関しては二岡さん自身も損をしてきた部分が、多少なりともあったかもしれません。以前から必要以上に多くは語らない選手でしたからね...

>>今後の事が発表されていませんが野球には携わって欲しいです。

それはさすがに大丈夫だと思いますけど‥‥そう信じたいです。

>>本当に寂しい季節です…。

ですね。これから主力選手の退団がまだありそうな気配です。私とてもうあまり悲しい記事は書きたくないのですが‥(泣)
Posted by 羽夢 at 2013年10月18日 00:18
羽夢さんお疲れ様です。
二岡さんの思い出といえば2009年9月9日(水曜日)の西武ドームの西武戦で石井一久投手から二岡さんらしい右中間に2ランホームランを打ったのを覚えています。この年のファイターズは右の代打・二岡さん、左の代打・坪井さんと代打が強かったです。
2010年はシーズン序盤大砲不在で二岡さんが4番指名打者でチームを支えていたのを覚えています。
とにかく二岡さんがファイターズに来てくれたからファイターズは2回リーグ優勝できましたから、二岡さんの功績は素晴らしいですよ!!
いつかファイターズに指導者として帰って来る事を期待します!!
Posted by 東京のキャロット at 2013年10月18日 02:16
>東京のキャロットさん

>>二岡さんの思い出といえば2009年9月9日(水曜日)...

あぁ私もそのホームランをよく覚えてますよ。たしかに二岡さんらしい右中間への、ライナー性の当たりでしたよね。地方球場で打ったグランドスラムの次くらいに、印象的な一本です。

昨年は代打で神懸かり的な活躍をみせてくれましたし、仰る通り二岡さんのおかげで優勝できたといっても過言ではありません。ただ、前回優勝の2009年といい、シリーズで古巣を倒せなかったことが唯一の心名残りでしょうか‥。

はい、どんな形でもいいので、いつかファイターズに帰ってきてもらいたいです。
Posted by 羽夢 at 2013年10月18日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。