2013年10月13日

嘘も方便?

今の職場が埼玉県の所沢市にあります。


土地柄どうしてもライオンズファンの方が多いのですね。職場も例外ではなく、「防寒着」としてあの紺と白とL字のスタジャンを着用してくるような(笑)、そういった熱い方々が周りにたくさんいらっしゃいます。私もそんな彼らとも休憩所などでよく話をするのですが...



赴任してまだ間もない、あるときのこと。会話の流れの中で 『ところで山内さん(私の名字)って、ライオンズファンなんですよね?トーゼン』 そんな風に尋ねてこられたのです。向こうの選手もそこそこ知っていたのでごく自然な形でそう思われたのでしょう。

その瞬間、周りにいた獅子ファンの視線が一斉にワタクシに。‥なぜかとても威圧感を感じてしまった、チキン・山内。『どこファン?』ではなく、『ライオンズファンなんだよね?』って、あたかも一択であるかのような問いに、とっさに出てしまった言葉が...


、ライオンズ“も”応援してます』


なんとも曖昧な返事をしてしまったのです。取り囲まれたあの環境下で、北海道をフランチャイズとする『ファイターズファンです』とは、とてもとても云えなかった‥‥。いや、それでも本来なら胸を張ってそう答えるべきなのに! あゞ、ここで20年来のFsファンを公言し続けてきた、私のプライドはいずこへ...

“アウェー”になりたくなかったのです。今後のことを考えると「L」の濃度が高い、あの職場において、しかも赴任そうそうに(泣)


以来、職場ではすっかり「西武ファン」として名が知れ渡ることとなった山内。長年金子さんの守備に魅せられてきた私が社内では『永江の守備』なぞを、偉そうに語ったりしているのです。

一番困るのはいわずもがな、ファイターズ戦のときですよね。ライオンズが得点をすれば“一応”喜ばないと‥喜ぶフリをしないといけない。心の中では泣きわめいているのに...


来シーズン、そんな職場の同僚・兼ライオンズファン一同の皆さまと、西武ドームに行く約束をしてしまいました。もちろんライオンズを応援しに‥です。あのブルーに染まった3塁側スタンドで一緒にジェット風船を打ち上げる、これ以上なき罪悪感を感じなければならないときが、とうとう訪れてしまいそう。

3塁側に「獅子の仮面」を被った自分がひとり。ただ、私の心の中はいつだって北海道日本ハム一色であります。中田といえば翔!金子といえば誠!アブレイユといえばミチェル!

‥「身から出た錆」とはいえ、まぁせいぜい頑張ってきます。


ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 羽夢 at 08:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも、楽しく読ませて頂いています。
私も、かれこれ27年間ファイターズを応援していますが、いかんせん大阪なので、トラキチがあちらこちらに、うじゃうじゃ。。。

当然、隠れファイターズファンになっています。
トラキチは、うるさいんですよ。

そうそう、昨日まで数日間、札幌市に行ってたのですが、美味い料理に、ファイターズ本拠地!
ここに住みたいと、本当に思いました。
タクシーに乗ったさい、運転手が、武田勝を絶賛してましたよ。
丁寧で、マナー良く、とっても気さくで、全く気取ってない!とのことです。勝らしいね。

話は、変わりますが、ひちょりを再獲得ってありませんかね。
外野が手薄になってるようなので。。
1塁と3塁は、小谷野と中田。
2塁は、西川
ショートは、中島か大引
外野は、陽、石川、大谷?、
まだまだ、ひちょりは、やれると思うけどなぁ。
Posted by 白猫 at 2013年10月14日 01:22
>白猫さん

そうですか、大阪府にお住まいですか。それは虎の血が色濃いことでしょう。でもそう考えてみると清原さんや元木大さんは凄いですよね。大阪出身で、しかも公然と!巨人愛を貫いてこられたのですから!チキン山内も少しは見習わなければ(笑)

>>そうそう、昨日まで数日間、札幌市に行ってたのですが...

実は私も昨年初めて札幌市に行きました。食べ物は本当に美味しかったです。私は寒いところが苦手なので、シーズン中限定であれば自分もずっと居たいと思いました(苦笑)。今北海道はファイターズファンがほとんどですよね。ありがたいことです。

>>話は、変わりますが、ひちょりを再獲得ってありませんかね。

自分も同じことを考えていました。糸井選手が在籍していたときは森本選手の、レギュラーとしての出場は厳しいかなとも正直感じていたのですが、昨今はだいぶ取り巻く状況も変わってきていますしね。それに彼のように明るく、いい意味で能天気な(笑)キャクラターが今のファイターズには必要なのかなと。

‥ただ、彼の場合は戦力外やトレードではなく、自らのFAといった形で退団しましたから、そこら辺を球団がどう受け止めるかによるでしょうか。いずれにせよ、まだ老けこむ年でもありませんので、森本選手には新天地で頑張ってもらいたいです。
Posted by 羽夢 at 2013年10月14日 08:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。