2013年10月03日

観戦レポート&「スターの証明」 ≪2013.10/2 vsオリックス@札幌ドーム≫

登板日前から注目を集め、試合後も結果はどうあれ、投げたこと自体が“ニュース”になってしまう...


ファイターズファンでなくとも誰もが知っているような「スター」を十数年来欲してきた自分にとって、斎藤佑樹がまさしくそういった存在でした。

アンチと呼ばれる人が結構いるのも知っています。でもそういった方々も、彼が登板をすればとりあえず注目はしてみるのです。『今日はどうだったんだ?』 『斎藤は本当に大丈夫なのか』‥などと。

これだけ人々の“関心事”となってしまう選手はなかなかいません。斎藤佑樹はやっぱりスターなのです。そんな選手が北海道の球団にいてくれることを、私は誇りにすら感じています。


約一年ぶりとなった、1軍での復帰登板。5回途中までを6失点‥‥突きつけられた、今のスターの現実。でもこの日バッテリーを組んだ、もしかしたら最初で最後かもしれない、百戦錬磨の中嶋聡捕手とコンビを組めたことは、斎藤にとって非常に大きかったのではないでしょうか。

ひたすらベースの内にミットを構える兼任コーチ。スピードはないながらも時おりチェンジアップを交えて、緩球を用いたリード。今後投手としてあるべき姿を指南してくれていたように思えてなりません。


結果打たれはしましたが、復帰戦で“無事に”あそこまで投げられたことついては満足しています。顔つきも以前よりだいぶたくましくなったように見えました。‥もっともこれは“ファーム焼け”したせいもあるのかもしれませんが(笑)

2軍の登板試合を実際に観戦してきたり、成績をみるかぎりでは当初は不安だらけのマウンドでした。しかし投げさせてみて良かったのではないかと、今は思っています。半年前までピッチングもままならなかった斎藤が、四球を連発しても、フォームはまだまだ不細工であっても‥‥ようやく、ここまで辿りつくことができたのだから。降板時にスタンドから沸き起こった大きな拍手、もがき苦しむ斎藤をずっと観てきたファンはきっと皆同じ想いでしょう。

球界のスター、斎藤という「星」がふたたび輝きを放つ日は、どうやらそれほど遠い未来ではなさそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:斎藤佑樹
posted by 羽夢 at 02:55| Comment(2) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
斎藤叩きは色々と酷いモノですが、東京時代、オレンジ時代からのファンからすると「話題になる」という事がどれだけ凄い事か身に染みてわかってますからね。

焦らずやってほしいです。

Posted by トモンチョ at 2013年10月06日 05:28
>トモンチョさん

ご無沙汰しております。
「スター性」って誰もが持ち合わせているわけではないですからね。プロ入り前にすでにこれを身につけていた、彼ならではの苦労だってあるでしょう。

スターが活躍すればニュースなどにファイターズが取りあげてもらえる‥今でもそんな名残があるのかもしれません(笑)。斎藤佑へ励ましの言葉、ありがとうございます。
Posted by 羽夢 at 2013年10月06日 12:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。