2013年10月01日

親心の境地 column.3

学生時代は特別注目していたわけでもありませんでした。私が斎藤佑樹に本格的に興味を持ち始めたのは、もちろん日本ハム入団決定後。

ダルビッシュや中田とまた種類の違った、待望のスター候補。“カレ”のことを知ろうと‥いや、もっと知りたいと思うようになり、まつわる様々な関連書籍を読みあさりました。ブームを起こした当時の「ハンカチ人気」に便乗しただけの内容のものがほとんどでしたけれども、その中の一冊にこういった本があります。


「はばたけ、佑樹 神宮からプロ野球ヘ 巣立ちゆく息子に贈る母の言葉」

はばたけ、佑樹 神宮からプロ野球ヘ 巣立ちゆく息子に贈る母の言葉



タイトルの通り、斎藤投手のお母さんが“母親からの目線”で、息子・佑樹と向き合ってきたことを振り返っている手記。ドラフト直後までの心境が綴られています。

私は母親でもなく、また子育てをした経験もないので、共感できる部分が少なかったのは必然だったのかもしれません。「野球人」としての斎藤佑樹を知りたいのならなら、もっと良書が他にあります。それならなぜ、この本を取りあげたのかというと、ここからが本題部‥。ふと、こんなことを“想像”してみたからです。自分が親の立場なら...


『投げさせないで』 と。


‥10月2日、本当に先発するのでしょうか。今は前日に発表される予告先発が怖さ8割、期待が2割といったところ。もちろん私だって1軍の舞台で久々に彼をみてみたい気持ちはあります。ただ、どういった意図があって、2軍でも本調子ではなかった斎藤を、あえてこのタイミングで投げさせるのか、それがよく伝わってこないのです。

どうしても脳裏をかすめてしまう、昨秋の日本シリーズ。それまで結果を残せていなった斎藤を中継ぎで登板させ、当然本人も意気に感じてプロ最速の147キロはマークしたのだけれど、その代償が翌年を棒に振ってしまうほどの大ケガ‥‥。今季初の地元でのマウンドで、もしかしたら頑張って良いピッチングをしてくれるかもしれません。でも無理をしてふたたび故障してしまうのが、何より一番恐い...


そもそも「消化試合」といわれるその日に勝ったとしても、誰も“持ってる”なんて思わないでしょう。肩の故障が「完治」したあとで、もっと相応しい復活の舞台が他にもあったはず。また、そういうときにこそ真価を発揮するのが斎藤佑樹という男でした。


‥結果はどうなるか分かりません。考えたくはないけど、もし「さらしもの」のようになってしまったら、先発を決めた人物の今回の時期尚早な決断に怒りも覚えてしまうでしょう。とにかく彼にはこれ以上自信を失ってほしくない。

これこそ「親心」にも近い心境なのでしょうか。登板するなら無事に終わってくれることだけを、今は祈っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:斎藤佑樹
posted by 羽夢 at 02:43| Comment(3) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さん、お疲れさまです。

気持ちは同じです。
斎藤投手が札幌ドームに戻って来られるのは嬉しいです…本当に嬉しいです。

でも、不安も大きいです。どちらかと言えば不安の方が大きいです。
できれば、来シーズンの開幕戦にマウンドに立って欲しかったです。

でも、明日は「お帰りなさい!」と言ってあげたいです。
結果は投げてみないと分からない状態でしょう!それが、良い結果になるように祈るばかりです。

では、明日は現地でしっかりと見守ってきます!

明日の登板が彼の自信になるような投球ができれば嬉しいです…。
Posted by ゆき at 2013年10月01日 11:21
>ゆきさん

いつも斎藤投手に温かい言葉をかけてくださり、本当にありがとうございます。

今年は彼自身も辛かったでしょうね。結果云々よりも投げることさえもままならなかったのですから。皮肉にも高校時代から散々比較されてきた田中将投手は破竹の勢いで勝ち進み...

だから本音を云えば今季のことはもう忘れ‥というか「ステップ段階」の時期とし、気持ち新たに来シーズンから臨んでもらいたかったのです。


でもそうですよね、投げることが決まった?以上、しっかりと見守ってあげたい。結果よりもまずは怪我なく無事に投げ抜いてくれれば、明日はそれで良いです。

何か本当にお母さんみたいなことを言ってしまいましたね(笑)。では現地応援お願いします。100%勇気!
Posted by 羽夢 at 2013年10月01日 14:04
消化試合だし勝ち負けに拘る必要はありませんから、斎藤をどう復活させるかの品評会でしょう。

中嶋コーチと組ませたのもそういう意図かと。
Posted by 通りすがりのF at 2013年10月06日 07:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。