2013年09月20日

「裕也愛」

衝撃的な光景に、おもわず息をのみました。


15日のソフトバンク戦。代打・ペーニャの放った猛烈なピッチャーライナーが足を直撃。痛さで顔をゆがめ、その場でうずくまってしまった、石井裕也投手‥‥。翌日には1軍登録を抹消され、その後の詳しい経過などはまだ入ってきておりませんが、今シーズン中の復帰はちょっと難しいかもしれません。


個人的に彼の大ファン。親しみもこめて、ここからは『裕也』と呼ばせていただきます。

今シーズンの裕也は6敗(4勝)が示すように、大事な場面で痛打されるシーンも、結構目につきましたでしょうか。だだ、防御率は2点台で17ホールドもファイターズに移籍してきて最多。安定していたときの方がもちろん多かったのだけれど、一たびバランスを崩すと歯止めがきかなくなってしまい、制球を乱してメッタ打ちをくらってしまうという試合も数度見かけました。

51試合(19日現在)はプロ入り以来自身最多登板。年間を通して1軍のマウンドにい続けたのは今季が初めてで、体調管理の部分などでなかなか思うようにいかなかった可能性もあります。それらを踏まえれば、苦しみながらも裕也はよく頑張って投げてくれたのではないでしょうか。


‥彼を本気で好きになったのは実況を務められていた方の、試合中のある言葉に深い感銘を受けたためでした。札幌ドームで、投手がカウントを不利にしたときにスタンドから沸き起こる「激励の拍手」ってありますよね。いつだったか裕也が投げている日にそれが起きて『石井の心に届いているでしょう』 と、おっしゃっていたのです。あぁなんて粋なコメントをされる人なんだと...

以来、そのアナウンサーではなく(笑)、石井裕也というピッチャーに大注目するようになりまして。無論、私とて一応1野球ファンですので、生まれながらに難聴を抱えていたのは前から知っていましたが、純粋にひとりの男として『彼のことをもっと×2知ってみたい!』 そう思いはじめてきたのですね。‥なんかこの文面だけを見たら、まるで恋する乙女のようですけれど、まぁ似た心境かもしれません(笑)


知れば知るほど「ファイターズに来てくれてありがとう」の気持ちでいっぱいになります。次回も裕也について、それともう少し‥私に「裕也愛」 を語らせてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:石井裕也
posted by 羽夢 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | FS特別企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。