2013年09月16日

観戦レポート&「球団初」 ≪2013.9/16 vs@ヤフオクドーム≫

野球史の1ページに、「日本ハム」の球団名も加わるかもしれません...


16日現在、リーグの盗塁ランキング、1位をひた走っているのは陽岱鋼選手。今日も盗塁をひとつ決めて37個とし、2位のヘルマン選手に5個差をつけ、タイトル獲得も視界に入ってきました。

野球史の‥といったのは、実はファイターズの選手で盗塁王を獲得した選手が今までひとりもいないんですよね。ファイターズどころか2リーグ制になった1950年以降‥‥ですから東映フライヤーズ時代を含めても存在していないという、徹底ぶり。

もちろんこれまで何人かの選手がこのタイトル獲得を目指し挑んできました。なかでも島田誠選手(1979年55個)白井一幸選手(1989年38個)辺りでしょうか。両選手ともかなりいい線までいっていましたが、最終的には涙を飲んでいます。

したがって陽選手がこのまま逃げきってしまえば、球団史上初の快挙!私たちも今シーズンはそれを見届けたことになります。今後は陽選手の快速ぶりにも、注目していきましょう。


‥おもえば序盤から西川遥輝選手が走りまくり『いよいよファイターズにも盗塁王が誕生か』と、期待を抱かせてくれたものですが、残念ながら故障で長期離脱。代わりに名乗りをあげくれたのが陽選手でした。

高い盗塁成功率もさることながら、彼の足もチームにとって大きな武器となっています。こんなシーンがありました。14日のホークス戦‥‥四球で出塁し、すかさず二盗。次打者の内野ゴロの間に三塁へ進み、続く打者がきっちり(でも浅め)犠飛を打ち上げて生還。ファイターズは無安打で先制点をあげるのことに成功しました。陽選手が持つ「スピード」によってもたらされた得点劇!こういった場面を今シーズンは何度目にしてきたでしょうか。

中田翔選手が骨折で戦列を離れてからは3番に座り、塁にでても制約も多くなって、なかなか思うようにその数字を伸ばせなくもなりました。そんな“ハンデ”がありながら、今年は例年のようにぶっちぎっている「走り屋」がいない幸運もあって、陽選手にもチャンスがめぐってきました。なんとかこのチャンスをものにしてほしい。


試合の方は3戦連続となる逆転負けを喫してしまいました。光明だったのは3年目でプロ初登板を飾った左腕の齊藤勝投手。打者3人に対し2奪三振。右打者には胸元に食い込むクロスファイヤーで見逃し、左打者には内側から曲がる変化球で空振り。目下首位打者の長谷川勇也選手が打ちづらそうにしていたのは印象的でした。長身・変則フォームの特性を活かし、「新・左キラー」として名乗りを挙げてもらいたいところです。

ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by 羽夢 at 20:05| Comment(2) | TrackBack(1) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さん、お疲れさまです。

陽選手、盗塁トップなんですね?!ぜんぜん気にしていませんでした。
最近の試合に失望していましたから…(苦笑)
落ち込んでいましたが、ここへ来て記事を読んで少し元気になりました。

たぶん、今日もテレビの前で応援していると思います。きっと応援していますね!

羽夢さんも最後まで応援するのでしょうね(笑)
Posted by ゆき at 2013年09月17日 12:41
>ゆきさん

>>最近の試合に失望していましたから…(苦笑)

お察しいたします(苦笑)。ただ、一頃に比べ、肩の力を抜いて野球を楽しめる?ようになったのは事実です。この言い方も少し皮肉めいてますかね...

17日はいよいよ1安打ですか(苦笑)。ゆきさんのように、ペナントが終わるまで熱心に応援してくださるファンもいるのですから、奮起してほしいです。選手もこのまま終わって球団の思うがままに、給料を下げられたくないでしょう?!
Posted by 羽夢 at 2013年09月17日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【日本ハム】陽岱鋼、球団史上初の盗塁王
Excerpt: JUGEMテーマ:北海道日本ハムファイターズ 【日本ハム】陽岱鋼、球団史上初の盗塁王  日本ハム陽岱鋼外野手(26)が球団史上初の盗塁王に輝いた。13日にパ・リーグの全日程が終了。6日に公..
Weblog: えすあい。
Tracked: 2013-10-14 10:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。