2013年08月27日

レジェンドユニフォームを語る 【福岡ソフトバンク編】

いよいよ今週末から始まりますね。パ6球団による合同企画「レジェンド・シリーズ2013」。選手が懐かしのユニフォームを身にまとい、フィールドで躍動します。往年のパ・リーグファンにはたまらない企画となるのは必至。筆者も今から楽しみにしております。

そこでこれからの期間‥飛び飛びにはなりますが、各球団の「レジェンドユニフォーム」についての思い出話やあまり役には立たないであろう、まつわるうんちく話なども盛り込んでお届けしていこうと思います。

‥ファイターズの“レジェユニ”は以前何度も触れているので、今回はいいかなぁと思いつつも、多分またそのうち語りたくなってくるはずなので、しばしお待ちを。とりあえず初回は福岡ソフトバンクホークス編!



nishikawa.yoshiaki1.jpg
西川佳明投手


私が物ごころついた時というか、プロ野球を見始めたときにホークスが着用していたユニフォームが、こちらのグリーンのやつでした。子供のころはかっこいいなんて感じたことは一切なかったのだけど、何十年か経ってからあらためて眺めてみると、これがものすごく“イイ感じ”に見えてきたんですよね。不思議と。「お気に入り度」は今や12球団を通じた歴代ユニフォームのなかでもトップクラスを誇っているかも。

胸にあるHawksの字体も洒落ていて良いのですが、やっぱりこのひと際目を引く「深緑」カラーが素敵なんですよね。ちなみに一つ前のはもっとライトなグリーンで、昔の山手線の車両みたいな色してて、あんまりイケてなかったんだけど(笑)

だから今回のレジェンドシリーズでこのユニフォームをセレクトしてくれたのは嬉しかったなぁ(前も復刻してたけど)。しかもファイターズ戦ですものね。東京ドームで! 昭和生まれのおっさんはもう感激ものです。


先だって長谷川勇也選手がモデルとしてお披露目着用していたのかな。当時のホークスには同選手みたいなさわやか系統(?)の選手がほとんどいなくて、主力の門田さんや佐々木誠さん、ドラ山本(和範)さんにドカベン香川さん!ヒゲの山内孝と山内和がエース格で、どこか“男くさい”連中ばかりだった印象もあります。思い返してみると、やはり!現オリックス監督の森脇さんだけは異彩を放たれていたでしょうか。


先ほどもチラッと云いましたが、以前も同じユニフォームを復刻していたことがありましたので、デザインはさておき“ネタ的”にはダイエーホークス元年に着てたやつを採用してほしかった気も。あのガッチャマンみたいなヘルメットを被っていた時代のものね(笑)

‥‥我ながら懐かしい。ファイターズにも来てくれた坂口千仙さん、元気にしていますか?


さぁさ、お次はどのチームでいきましょうかね。それでは次回の「レジェユニを語る企画」もお楽しみに〜

ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 羽夢 at 00:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 野球雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんたを少し見直した
Posted by 若鷹連合名古屋支部 at 2013年08月27日 07:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。