2013年08月18日

観戦レポート&「スター(秘)報告」 ≪2013.8/17 vs福岡ソフトバンク@帯広の森野球場≫

陽が出塁して、中軸のアブちゃん・中田・大谷が還す...


「スター軍団」の競演に、大満足な一戦となりました。


中田翔選手は今日放ったセンター左への大アーチが今シーズン26本目ですか。40試合以上を残して昨年マークした本数「24」も軽々とクリア。また、その“中味”も濃いですよね。『試合を決める一振り』といいますか。今年は本当にいい場面で打ってくれます。

中田とホームランキングを争うアブレイユ選手も8回にダメ押しとなる25号3ラン。スランプが長引かないというのは“外国人らしからぬ”彼の強みでもあります。「相乗効果」によって中田とアブレイユ、両主砲が今季どこまで本数を伸ばしてくれるのか楽しみです。


6試合ぶりのマルチ安打を放ち、得点シーンにも絡んだ陽岱鋼選手。凡打になった当たりも含め、今日は中堅から左へ、鋭い打球を飛ばしていました。前述のアブレイユ選手とは逆で、陽選手はどちらかというと調子の波が激しく、いったん当たりが止まってとしまうとしばらくそれが続いてしまう傾向が見られます。

‥その変わり一たび打棒に火がついた時は、もうどんな投手でも彼の勢いを食い止めることはできないのですが(笑)。栗山監督も日頃から口しているように「1番・陽」の出来が試合の勝敗を左右するといっても過言ではないだけに、できるだけコンスタントに、今日のような働きをしてもらえたら、チームの勝ち星はもっと増えていくでしょうね。 岱鋼、加油!


今日は5番に入り、勝ち越しとなるタイムリーを含む2安打の活躍で、久々にお立ち台に登場した大谷翔平選手。彼をみてて思うのは、まるで皇族の方のような非常にきれいな言葉遣いをしますよね。口調も滑らかで、決して噛むこともなく(滑舌がよくない筆者はいつも感心)。極めつけは何か言ったあと、かならず『‥ですし』で繋げて、言葉を途切らせない。インタビュアーも大助かりですわ(笑)

いやいや、今時こういった立派な10代もおられるのですね。ダルビッシュや中田にはなかった貴公子キャラ。北海道日本ハムでは新種のスターです。


このスター軍団たちの活躍を見届けられる私たちは本当に幸せなファン。これからも彼らがいてくれる幸せを噛みしめて、ファイターズを応援していこうではないか! ‥語っているうちに熱くなり、途中から私自身のキャラが変わってしまったことを、最後にお詫び申しあげます m(__)m




ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 羽夢 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。