2013年07月31日

観戦レポート&「勝利の味」 ≪2013.7/30 vs千葉ロッテ@QVCマリンフィールド≫

ファイターズ、勝ちました...


以前も9連敗という大型はありましたけれど、今回は間にオールスター休みを挟んでいるせいなのか、あのとき以上に長く感じられました。したがって変な能書きは抜きに、ただただ嬉しい(笑)。9回の攻撃でダメ押し点を入れてくれた際は、さすがに勝利を確信して、私も大泣きしてしまいました。

‥いい大人なんですが、気分はもう高校球児です(笑)。勝利の味がこんなにも素晴らしいものだったとは。野球も人生も‥‥山あり谷ありであってこそ、よりその醍醐味を味わえるのかもしれませんね。ファイターズ万歳!!


まずは一時3点差をつけられながらも、劣勢を跳ね返してくれた打線。逆転を許した直後の回では3番のアブレイユ、4番の中田翔といったあたりまでもが、コンパクトに打ち返す“つなぎ”のバッティングでチャンスメイクをし、タイムリーに犠飛を絡ませるソツのない攻めを展開。連敗中はなかなか目にすることができなかった光景に「今日こそ連敗を止めるんだ」という執念、気迫が野手陣よりビンビン伝わってまいりました。またここで一気に逆転にまでもっていけたのが、後の投手の継投などを考えてみても大きかったですよね。

9回はホームラン攻勢。大野奨太はセンター左への大アーチがパワーなら、陽岱鋼は“技”で、ライトスタンドへ運びました。特に大野はこの日も3安打で打率も.280近くまで上昇。ホームランの前の打席で放ったライト線へのツーベースも見事な当たりで、いよいよ打撃の方も開眼?近ごろはさながら「恐怖の8番打者」といった様相を呈してきています。



ノッている男はガッツポーズもサマになる!



勝ち越しに成功したあとの中継ぎ投手たちの奮闘!これが本日最大の勝因であったといってもいいでしょう。うるさいマリーンズ打線を中盤以降“シャットアウト”。むずかしい「回またぎ」での登板となった石井裕也・宮西尚生の両左腕投手の熱投に、増井浩俊も勝負どころで怖い井口資仁を力でねじ伏せ、久々の登板となった武田久投手の球もキレていました。本当に投手全員で少ない点差を守り抜いたという印象です。

他方、先発した大谷翔平は残念ながら四死球絡みでの「自滅」という形で、マウンドを降りてしまいました。大野とのコンビにまだ慣れていない部分もあったのでしょうか。いずれにせよ、大谷“投手”の力も今後かならず必要となってくるはず。次回登板に期待します。


苦しみはしましたが、終わってみれば爽快な勝利でした。‥‥まあ試合に勝てれば、こんなものなのかもしれませんけどね。勝利して後味の悪い試合なんてないですし。そんな当たり前のようなことでさえも、忘れかけていた、受難の7月もあと1日で終わり。ここはぜひ、連勝で締めくくりましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:大野奨太
posted by 羽夢 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。