2013年07月11日

観戦レポート&「英雄の競演」 ≪2013.7/10 vs東北楽天@Kスタ宮城≫

ついに大谷翔平がプロ初ホームラン!


インサイドの速球をうまく腕をたたんで振り抜いた打球は、広いKスタのライトスタンド上段に吸いこまれていきました。最低でも犠牲フライの、打球を上げようとしていた意識が功を奏したのでしょうか。「初本塁打」のインパクトの大きさ、飛距離はあの松井秀喜クラス。とてつもない一撃でした。


ホームランを見て興奮し、それから少し経ったあと‥‥私はまずファイターズ球団に感謝しましたよね。よくぞ大谷のプロ入りの扉をこじ開けてくれたと。もっと云えばファイターズがそれまでの球界の常識をも覆す「二刀流」の機会を与えなければ、あんな怪物級のホームランを目にするのだって、少なくともパリーグでは叶わなかったわけですから。1プロ野球ファン以上に、Fsファンであることを今日ほど誇りに思えた試合はないです...


「進化の跡」をみせてくれたのは第4打席でした。苦手としていた左投手からの初安打。長谷部投手のスライダーをとらえてセンター前へ、鋭く運んでいきました。大技、小技で魅せた大谷のバットマンとしての素材も、やはり特Aクラス。これほどまでにプロの投手相手に1年目から対応できてしまう“高卒”ルーキーが、かつていたでしょうか。31本塁打をマークした清原和博選手とて、プロ入り当初はプロの厚いに壁にぶち当たっています。


“興奮冷めやらぬ”という感じで、ここまで褒めちぎってしまいましたが(苦笑)、ピッチャーにももちろん意地はあるし、今後大谷だって壁にぶつかる可能性は十二分に考えられます。ただ、そんなときは配球面であったり打者との駆け引きといった投手からの目線、彼にしかできない「二刀流」の経験がかならず身を助けてくれるのではないかと‥。将来このままの形でいくのかどうかは分かりませんけれども、いずれにせよ、大谷自身も今はいい経験をさせてもらっていると思います。


今日の試合をルーキーの話題だけで締めてしまっては失礼に当たります。抑えの武田久投手が史上11人目の通算150Sを達成しました。

振り返ってみると同投手が1軍で活躍しだしたころから「常勝ファイターズ」がスタート。武田の存在なくして7年で4度優勝という輝かしい戦績は、まず成し得なかったでしょう。9日終了時点で24イニングスを投げて、それを大きく上回る33被安打。しかし防御率は1点台(1.88)。ランナーを置いても得点を与えない、持ち味である粘りの投球が、この数字にもよく表れています。

過酷な守護神稼業を何年間も務められているのはタフな肉体と、メンタル面での強さも持ち合わせている証。年齢的にはいつしかベテランの域にも達してきた武田久投手ですが、身長170センチの肉体はまだまだ若いとみます。150を通過点とし、次は200Sを目指して、しなる右腕をどんどん振っていってもらいたいですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 羽夢 at 03:01| Comment(2) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さん、ご無沙汰してました。

大谷選手にとうとうホームランが出ましたね。勝負の帰趨を決する大きな一発を叩き込むなんてやはりただ者ではないですね。一昨日のレーザービームといい、投打どちらとも超一流の素質があることを実証しました。二刀流もこれからどうなっていくか益々楽しみです。

羽夢さんも何度も経験していると思いますが、戦力は劣っていないのに巡り合わせが悪く、流れが来ないままシーズンが終わってしまうことがあります。ファイターズに流れが来るまで辛抱だと言いながら、今年のファイターズはこのまま終わるかもと心が折れかけていましたが、オールスター前にここまで来るとは。
やはり守備が安定してきたのが一番の要因ですね。特に大引選手は動きもよくチームにフィットしてきました(昨日の3回裏のショートゴロも内野安打になっていれば試合の流れも変わってましたね)。

個人的には札幌ドームに応援に行った試合はまだ借金3ですので、借金返済に向けてこれからも頑張って応援にいきます。それとも行かない方が・・・(笑)
Posted by sunrise_V at 2013年07月11日 14:30
>sunrise_Vさん

しかも故郷である東北で初本塁打を決めてくれるあたり、彼も持ってますよね。本当に頼もしい選手がファイターズに入ってきてくれました。併せて大引選手の加入は私も大きかったと思います。

>>戦力は劣っていないのに巡り合わせが悪く、流れが来ないままシーズンが終わってしまうことがあります。

ありますね。どちらかといえば昔のFsによくみられた光景だったかもしれません。もっとも当時は浮上することもなく下位のままでしたけど(苦笑)。外国人にも恵まれていたし、10勝投手を4人くらい出したシーズンもあった程なのですが。やはり、昨今のチーム事情とちがい「勝ち方」を知らずにいた‥というのもありましたかね。

>>個人的には札幌ドームに応援に行った試合はまだ借金3ですので...

勝率はたしかによくありませんが、序盤はファイターズ自体に負けが込んでいましたし、sunrise_Vさんだけでなく、そういった方もたくさんおられると思いますよ。観戦行くならファイターズがようやく本来の調子を取り戻してきた‥‥今でしょう(笑)
Posted by 羽夢 at 2013年07月11日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。