2013年06月16日

観戦レポート&「千両役者」 ≪2013.6/15 vs広島@札幌ドーム≫

大谷翔平が初の3番に座り、4番・中田翔と結成されたファイターズ版「ON砲」。いいですねぇ‥。実に夢があります。

しかし、大谷選手の打撃技術はすばらしいですね。今夜は球界を代表する投手の前田健太打ち!2打席までは前田の変幻自在の投球に、まるで歯が立たなかったような印象を持ちましたけれど、最後にしっかり決めてくれるあたり(左中間への鮮やかなツーベース)、彼にスターの資質をみます。

何かここまで打つと、打者として普通に3割も狙えそうな勢いですし、ピッチャーをさせている“時間”がもったいなくも感じてきてしまいますが、よくよく考えてみたらこの起用法も大谷にとって悪くはないのかなと。

そもそも今の大谷は相手の先発が右投手のときにだけ、使われている形ですよね。それまでの打撃内容をみるからに、現時点ではあまり左腕を打てそうな気配がなかったし、(対峙したのが菊池雄星やG山口といった、一流相手というのもあるが)、ヘタにサウスポーにもぶつけてバッティングを狂わされたり、打率を落としてしまうのがもったいない気もするので。「左対策」はタイミングを窺いながら無理をせず、徐々に慣らしていけばいいのかなと思った次第です。‥その代わり、新人王が遠のいてしまうのは、少し残念ですけどね。


ONも輝いていたけれど、それでも今夜の「主役」は文句なしに稲葉篤紀選手。前の打者が敬遠されたあとの、勝ち越しタイムリー!気迫みなぎる顔といい、もう何か“打ちそうオーラ”をムンムンに漂わせていましたよね(笑)。その期待を裏切らない稲葉選手はやっぱり「千両役者」 の名に相応しい男。誠にしびれました...


16日のカープ戦に勝てば今季の交流戦勝ち越しを決めます。リーグ戦で抱えた借金の数が数だけに、本音をいえば物足りない気もいたしますが、交流戦連続勝ち越し年を継続したいし、勝率5割以上か以下とでは“響き”もだいぶ違ってくるので、なんとか勝利をもぎ取りたいところです。




ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 羽夢 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(1) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

6.15 【F-C】<2回戦>○ 中田選手が先制アーチ! 8回稲葉選手の2点タイムリーで勝ち越し、広島に快勝!
Excerpt:     【1回表】 ウルフ投手の立ち上がりは、丸選手をセカンドゴロ、菊池選手をサードゴロ、松山選手をショートゴロと、持ち味のゴロを打たせる..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2013-06-16 06:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。