2013年06月13日

「現場」を無視した行為

昨日はたいして内容のない試合でしたので、今回は巷で今話題となっている「ボール」について少々。


失望しましたね。

‥いや、隠してる隠してない、観ている方はもはやそんなのどっちでもいいんですけど、なぜ“飛ばない”ボールをわずか2年でやめてしまったのか?ということに。その程度の覚悟しか持っていなかったのなら、最初からそんなボールを採用するなと。

自分は特別「投手戦」が好きというわけではないのですが、見てみかったんですよ。打者がいかにして飛ばないと云われる球で“本塁打”を打つのか。ボールに合わせて、また技術を磨いていくプロの姿を‥ね。だから今年各チームでホームランが増えたのは、嬉しかったのです。やっぱりプロだなぁと。


その少年のような(?)純粋な心を、なんだか裏切られてしまった気分ですよね。

NPBに!


何より“勝手に”そんなことをして混乱するのは現場です。変えるなら変えるで、それを前もって選手らに伝えておくのが筋でしょう。あの方々も顔があるし『わずか2年で戻す』ということに、抵抗があったかもしれませんし、得点があまり入らなくなり、周囲から「野球がつまらなくなった」なんて声も届いていたのかもしれませんけれど。‥けれど。




野球選手って繊細な人たちが多いじゃないですか?バットにこだわったり、投手なら縫い目だとか。そんな彼らにボールが変わることって、おそらく相当な“変化”だったと思うんです(気づかなかった選手もいたそうですが)

その微妙なちがいによって、ホームランの増減以外に、守備にも影響をもたらしていた可能性だってなきにしもあらず。各球団でありえないような失策が今シーズン、やたら目につきますものねぇ。ま、この部分については推測にすぎませんけれど、そうだとしたら選手はさながら「被害者」です。


糸井嘉男も統一球の時期がなければ、もしかしたら「トリプル3」を達成できていたかもしれないし、中田翔も2012年は本塁打王に輝いていたのかもしれない。本当にあの2年間ってなんだったのだろう。‥‥って話に、なってしまいますよね。まったくもって野球によって生活がかかっている選手を無視した行為です。

現場にはいない、NPBのお偉いさん方が犯した罪は、あらためて大きい...


ブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:統一球
posted by 羽夢 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。