2013年05月23日

観戦レポート&「神様」 ≪2013.5/22 vs東京ヤクルト@札幌ドーム≫

国民栄誉賞を受賞した松井秀喜さん...


一連の会見の様子などを見ながら、あの丁寧かつ、しっかりとした口調は誰かに似ているな〜なんて思い返してみたら、あるひとりの選手に辿りつきました。


稲葉篤紀選手!


どうりで“聞き慣れた感”があったわけです。同選手にはあれに「さわやかさ」も加わりますからね(笑)。今日は久々にその稲葉節を堪能できる試合となりました。

6回無死満塁という絶好の場面で、自身通算5本目となるグランドスラム!試合後『今日の吉川の出来なら1点あれば大丈夫』と口にしていた通り、最低でも外野フライのすくい上げた打球が、ライトスタンドへと吸い込まれていきました。


ここまで打撃陣はどちらかというと若手選手の躍動ばかりが目立ってきましたけれど、やはり「稲葉あってのファイターズ」ということを再認識します。何より今年41才を迎える大ベテランが打つ、またはチャンス時の稲葉ジャンプのスタンドの盛り上がり方がすごいですよ。ファンの身も心もひとつにさせてくれる稲葉選手‥‥。これはまだ中田や陽にはできない芸当です(笑)


打率が1割にも満たない時期もあるなど、4月は極度の不振にあえいでいましたが、元々は暑くなってくると調子をあげてくるスロースターター。今後はこれまでの分を取り返すくらいの活躍を、かならず魅せてくれるでしょう。

志願して2軍落ちした際、監督に云った『もう一度、稲葉篤紀のバッティングを探させてください』。そのことをインタビュアーに触れられ、そんな簡単に見つかるものではない‥と、謙遜されていました。冒頭の松井さんよりも年齢は上で不惑。努力し続ける探究心旺盛な名球界プレーヤーを、「神様」が見捨てるはずもありません...






ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 羽夢 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(1) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

5.22 【F-S】<1回戦>○ 稲葉選手が復活のグランドスラム! 吉川投手は8回無失点の好投でチームは3連勝!
Excerpt:     【1回表】 吉川投手の立ち上がりは、田中浩選手、上田選手を共にサードゴロで二死とすると、ミレッジ選手はピッチャーゴロで三者凡退と、まず..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2013-05-23 14:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。