2013年05月19日

観戦レポート&「北の大地の華」 ≪2013.5/19 vs巨人@札幌ドーム≫

重複してまで獲りにいった甲斐がありましたねぇ...


陽岱鋼中田翔。ともに抽選のすえのドラ1。縁あってファイターズにやってきた両選手が、ただ今絶好調です。

昨年までの中島裕之と中村剛也‥‥傍から見ていてすごく羨ましくもあり、恐怖でもあったこの「和製大砲コンビ」に、スケールの大きさだけでみたら、けっこう匹敵してるのではないですか。打順こそ違えど。いやいや、これほど華のある野手が同時期にふたりもいるなんて、ファイターズでは初のような気もします。


それにしても今日もお立ち台にあがった陽選手の勢いが止まりませんね。9試合連続の複数安打!期間中の打率は驚異の.547(おまけに3ホーマー!)あと1試合マルチをやると球団タイ記録に並ぶらしいのですが、こういったことを口にすると記録は得てしてストップしてしまうものだから、これ以上はもう触れないでおきます(笑)


中田選手は「小休止」といった感じでしたけれど、陽選手と下位打線の活躍によって内海哲也投手をマウンドから引きずりおろすことに成功。投げては武田勝投手が序盤迎えたピンチを最少失点にとどめて、7回3失点の好投。久々に投打がガッチリとかみ合った試合でした。


日本シリーズで味わった悔しさはまだまだこの程度では払拭できません。明日の試合も勝ち、「4タテ」するくらいの気概で、今後の対ジャイアンツ戦に臨んでほしいです。





ブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:陽岱鋼 中田翔
posted by 羽夢 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(1) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

5.19 【F-G】<1回戦>○ 内海投手を6回途中7得点でノックアウト! 打線がつながり巨人に快勝!
Excerpt:     【1回表】 武田勝投手の立ち上がりは、長野選手をライトフライ、中井選手をショートゴロで二死としたものの、次の坂本選手にレフトに二塁打を打たれる..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2013-05-20 11:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。