2013年04月26日

観戦レポート&「継続は力なり」 ≪2013.4/25 vs福岡ソフトバンク@ヤフオクドーム≫

【メモ魔】 という言葉をよく訊きますが、わりと自分もこの手の人です...


ただ、木佐貫洋の場合は“メモする”よりかは、しっかり(ここ強調)「ノートに書きとめている」 もうそんな印象ですよね。それまでロッテにいるグライシンガー投手が同様なことをしているのを見かけて『あぁいいな』なんて感心していたのですが、ファイターズにも勉強家な選手がいてくれて、なんだか嬉しい気分です。

今日は4安打2打点の固め打ち・中田翔や2試合連弾のアブレイユ等‥‥活躍した選手は他にもいましたけれど、やはり、ここ数日は先発投手に苦労していたチーム事情もあったせいでしょうか。8回までをひとりで投げきってくれた木佐貫投手の好投が、何より輝いてみえました。ノートに書き蓄えられ増えていった「知識」も、きっと同投手に力を貸していたはずです。


初回からストレートとフォークボールとのコンビネーションが冴え、ホークス打線相手に三振の山を築いていきました。特に好調の5番・ラヘアと前日の試合で復調の兆しもあったペーニャ。この両外国人選手には落ちる球を有効的に使い、ほぼ完璧に封じることができたのも、勝因のひとつとして挙げられそうです。

またそれを巧みに引きだしていた女房役、鶴岡慎也のリードも見逃せません。今後、木佐貫との「鹿児島県人会バッテリー」は、チームの新名物となりそうな予感(?)

木佐貫が連打を浴びてしまう最終回以外では唯一といってもよかった4回のピンチ。そこでホークスの得点を阻止した鶴岡の好ブロックと鵜久森淳志の好返球も、試合の流れの中では大きなプレーでした。‥今おもうと“打”のイメージが根強い鵜久森選手の「補殺」だなんて、なかなか貴重なものを拝めたのかもしれませんね(笑)


追加点をあげた5回などは足を絡ませたり、進塁打でチームプレーに徹するシーン(小谷野栄一)もあったりと、今日は“らしさ”が、随所に見られた試合でもありました。つい先日まで監督が口にしていた『流れがくるまで』。その流れがようやくファイターズにもやってきています。

これで4カードぶりとなるカード勝ち越しにも成功。勢いに乗っていくなら‥‥『今でしょう!』 と、今乗りに乗っていて元気いっぱいな66才!ジャンボ尾崎さんにもあやかっておき、最後締めておこうと思います。






≪関連URL≫
【国内男子】群雄割拠の男子ツアー、明日いよいよ開幕


ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 羽夢 at 02:48| Comment(2) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さんお疲れ様です。私は今「介護」の仕事をしていて特別養護老人ホームで働いているのですがあまりにも大変な仕事で、更にそれに加えて母親も病気で調子が悪かったので全然投稿出来ずにすみませんでした。

ファイターズはこの10年位福岡ヤフードームでは相性がいいのですよね。東京MXテレビでやるホークス主催の福岡ヤフードームでの「ホークス対ファイターズ」は対外ファイターズの勝ち試合を見させて頂いた記憶の方が強いです。やはりフェンスが高くて広い球場ですから投手陣もホームランを恐れずにガンガン投げれるのでしょう。逆にテレビ埼玉のライオンズ主催の西武ドームのライオンズ対ファイターズはファイターズの負け試合を見させて頂いた記憶の方が強いです。フェンスが低くて狭い球場だから投手陣がホームランを警戒し過ぎて配球を読まれてホームランを打たれて負けているイメージが強いです。ライオンズに強いウルフと吉川に期待します!!ただ打者では西川は相変わらず西武に強いから西武投手陣は西川が嫌いだと思いますよ。
Posted by 東京のキャロット at 2013年04月27日 12:29
>東京のキャロットさん

お久しぶりです。「介護」の仕事についての大変さは人づてに聞いたことがあります。日々本当にお疲れ様です。お母様のことは心配ですね‥。東京のキャロットさんが落ち着いているときに、またその辺の近況などもお知らせいただければと思います。栗山さんの言葉を借りれば‥『ファイターズファンは皆家族』!

>>ファイターズはこの10年位福岡ヤフードームでは相性がいいのですよね。

詳細のデータは持ち合わせていませんが、言われてみるとそんな気もします。ホークスは武田勝投手やダルビッシュ投手を、特に苦手としていましたからね。それも影響しているのかもしれません。

そういえば動画サイトで「西武対日ハム」の昔の試合を見ましたよ!野口選手がホームランを打ってました(笑)。たしかに当時からホームランは出やすい球場でしたよね。あと金子選手や松井稼選手がものすごく若い頃で、なんだか微笑ましかったです(笑)
Posted by 羽夢 at 2013年04月27日 22:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。