2013年04月24日

観戦レポート&「スーパー内野手」 ≪2013.4/23 vs福岡ソフトバンク@ヤフオクドーム≫

最終回、大野の打順で代打・稲葉篤紀が送られたとき...


『もし同点以上の展開になったら、このあと捕手を誰に任せるつもりなのだろう』 と、取り越し苦労をしていました。よく考えみたら今日から尾崎匡哉が1軍に上がってきていたんですよね。“最終手段”として、首脳陣は彼にマスクを被らせる腹づもりだったのでしょう。

ファーストミットからキャッチャーミットに持ちかえて‥‥だなんて、ユーティリティどころかある意味ではこれも立派な、「二刀流」ですよ。打力のある城島選手や阿部慎之介選手が一塁を守ることもありましたけれど、尾崎のようにまだ1軍に定着しきれていない選手とは、持つ意味合いが違ってきます。

云うならばマスクも被れる、スーパー内野手!出場機会を増やすために、ファームで地道に“修行”に取り組んできました。足繁く鎌ヶ谷へ通うファンは皆、彼の努力を知っています。今回は実現しませんでしたが、捕手2枚体制を敷くファイターズにおいては、近いうちに『キャッチャー・尾崎』 そんなコールが訊けるかもしれません。


試合の方は打者陣にまたしても『あと1本』が出ず‥‥連敗を喫してしまいました。2番手・矢貫俊之以降の中継ぎ投手が完璧といっていいほどホークス打線を封じこんでいただけに、悔しい敗戦です。なかなか投打の歯車がかみ合ってきませんね。

しかし矢貫投手は負けゲームで起用するのがもったいなく感じてしまうくらい、調子の良いときは神懸かりな投球をみせます(笑)。おもわず『頭でもいいのでは?』なんて云いたくもなってきてしまいますが、中継ぎというポジション(短いイニングでの全力投球スタイル)が彼に合っているのかもしれませんし、一概にそうとも云い切れません。‥でも脳裏をかすめてしまう、悲しいかなFs先発投手事情...


明るい情報としては尾崎ともに、1軍に上がってきた武田久投手の戦線復帰。栗山監督のことだから、おそらくすぐさまストッパーとして起用するのだろうけれど、増井浩俊も“守護神稼業”が板についてきた印象ですし、ここはひとまずセットアッパーとしての起用も面白いのでは? ‥と、個人的に感じたりもします。

久投手自身もかつて【中継ぎ】が好きといった旨の発言をされていましたし。ね?監督!この際、怪我の何とやらで“配置変え”なんていかがでしょう?


明日(24日)はエース・吉川光夫の予告先発。ファイターズは絶対に落とせません。昨シーズン寺原隼人からホームランを放っているM・ホフパワーの先発出場も、筆者個人的な希望としておきます。


≪関連≫
あえて、尾崎匡哉

ブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:尾崎匡哉 武田久
posted by 羽夢 at 00:30| Comment(2) | TrackBack(1) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さん、こんばんは。

昨日は打線が好調で快勝でした。

でも、個人的には、負けはしたものの、一昨日の試合に光明を感じてます。

四球、四球、ホームランでは守りようがないので、仕方ない面はありますけど、そのあとは投手陣もしっかり抑え、守備も破綻せず、同点のチャンスも何回作れた試合でした。

こういう粘り強い試合を続けていければ故障者も戻って来ますし、また強いファイターズに戻れるような気がします。

それと、昨日気がついたのですが、ファームが酷いことになってますね。
調子良い選手を一軍がどんどん抜いていくせいでメンバーが組めないこともあるのでしょうけど、結果だけを見てるとあまりに酷いのでちょっと気になります。
Posted by sunrise_V at 2013年04月25日 03:13
>sunrise_Vさん

>>こういう粘り強い試合を続けていければ故障者も戻って来ますし、また強いファイターズに戻れるような気がします。

はい。私もそう思います。武田勝投手はともかくとしてケッペル投手はだいぶブランクがありますので、その辺が少し心配ですが。一昨日もたしかに光明をみれた試合でした。尾崎選手もよろしくお願いします(笑)

>>それと、昨日気がついたのですが、ファームが酷いことになってますね。

そうなんです。下も大嶋選手や北選手がいなかったりで、戦力的には手薄になってますしね‥。苦しいチーム状況には変わりありません。もしかしたら、以前の佐藤賢選手のケースのように、緊急補強も起こり得るかも...
Posted by 羽夢 at 2013年04月25日 11:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

4.23 【H-F】<4回戦>● 中継ぎ陣が力投も打線が援護できず…
Excerpt:     【1回表】 大隣投手に対する初回の攻撃は、陽選手がレフト前ヒットで出塁すると、西川選手が送りバントを決めて一死二塁。 するとこの場面、次の..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2013-04-24 14:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。