2013年04月21日

観戦レポート&「カンフル剤」 ≪2013.4/21 vs埼玉西武@札幌ドーム≫

たくましくなりました...


今日も8番・ショートでスタメン出場の中島卓也選手。野手ではひとりマルチ安打を放って、気を吐いていました。2本とも十亀の剛球を左右へ鋭く打ち返した打球。昨シーズンまでは投手の球に押しこまれてしまう場面も多々見られましたが、今年は負けていません。

鎌ヶ谷で初めて彼を目にしたとき、『まるで川崎宗さんのよう‥』と表した、高い守備力はすでにリーグでもトップクラス。ずっと課題とされていたのは昨季単打のみ8本(70打数)で終わってしまった打撃面でした。そんな中島がバットでも結果を残し始めてきているのはチームにとって大きなプラス材料。この巡ってきたチャンスを活かし、貪欲にレギュラー獲りを目指していってもらいたいものです。


‥‥それしてもなかなか“線”にはならないFs打線をあざ笑うかのごとく、相手打線のつながりは見事なものでした。大砲・中村剛也が不在ということもあってか、今シーズンは個々の打者がより「後ろのバッターに回していこう」という意識を強く持っているように感じます。これはむしろファイターズが“得意”としてきたことなのですけどね。

中田翔はともかくとして、特に1番を打つ陽岱鋼にはただ振り回すだけでなく(3三振)、もう少しコンパクトなバッティングも希望してみたい。彼はそれができない選手ではないと思うから。


もうひとつ、個人的なリクエストを挙げればホフパワーの出場機会を増やしてほしい‥‥こと。打率こそまだ2割そこそこですけれど、先週末くらいからようやく打球も上がり始め、「ホフィらしさ」が出てきていたところでしたからね。“繋ぎ”の話をしておいて彼の待望を論じるのも、ヘンといえばそうかもしれませんが(笑)。ただ、一打席だけではもったいないような気もするし、守備も意外に(?)上手ですし!


近藤健介とともに、ファームで打ちまくっていた谷口雄也がこの日即スタメン出場でチーム唯一の長打(二塁打)を放ち、結果も残しました。中島を含め、若手選手には低迷が続く打撃陣の「カンフル剤」となるような、そんな活躍を今後に期待してみたいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 羽夢 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(1) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

4.21 【F-L】<6回戦>● 中継ぎ陣大乱調… 11失点のワンサイドゲームで大敗…
Excerpt:     【1回表】 谷元投手の立ち上がりは、先頭の片岡選手に一二塁間をライト前にヒットされるも、次の秋山選手はセカンドゴロで4-6-3のダフ..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2013-04-23 14:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。