2013年04月02日

「満40歳以上の現役選手でチーム編成」の巻

プロ生活30年目の48歳...


いや〜恐れ入ります、中日の山本昌投手。昌さんみたいに40歳を過ぎてもまだ現役で頑張っている選手をみていると、垣根を超えて何か我々も励みになりますよね、本当に。

同投手と同じく48歳で登板経験がある浜崎真二さん。もうお亡くなりになっているのですが、生前(現役時代?)は身長160センチで体重は52キロしかなかったんですって!いうならばナインティナインの岡村隆史さんを少しだけ大きくしたような感じ?

世代は若干異なりますけれど、川上哲治さんや関根潤三さんだって170センチは超えてました。それらも踏まえると、浜崎さんってすごいタフな選手でしたよね。今年は昌さんの最年長登板の「記録更新」がかかるので、浜崎さんのお名前を訊く機会も増えてくると思いますが、頭の片隅にでも入れておきたい知識です。


それにしても現代プロ野球は各チームで「主力」となっている選手もいるくらいで、40代でもバリバリですよね。私がひいきにしているファイターズにも、2013年で41歳を迎える稲葉篤紀さんもいるし、「阪急ブレーブス」を知る唯一の選手であり、通称・生ける伝説・中嶋聡御大もいらっしゃいます。

暇なときにちょっとこの40代プレーヤーのみで編成してみたら、それなりの‥いや、なかなかよさげなチームが出来あがったので、驚きました。ちなみに筆者が編み出したのはこういった 「アラフォーズ」です。


対象:満40歳以上(1973年生まれ以降)の現役選手

≪先発≫山本昌  48歳 中日ドラゴンズ
≪先発≫三浦大輔 40歳 横浜DeNAベイスターズ
≪先発≫石井一久 40歳 埼玉西武ライオンズ
≪中継≫西口文也 41歳 埼玉西武ライオンズ
≪中継≫薮田安彦 40歳 千葉ロッテマリーンズ
≪抑え≫斎藤隆  43歳 東北楽天ゴールデンイーグルス

≪捕手≫谷繁元信 43歳 中日ドラゴンズ
≪控え≫中嶋聡  44歳 北海道日本ハムファイターズ

≪一塁≫松中信彦 40歳 福岡ソフトバンクホークス
≪二塁≫中村紀洋 40歳 横浜DeNAベイスターズ
≪三塁≫小笠原道大40歳 読売ジャイアンツ
≪遊撃≫宮本慎也 43歳 東京ヤクルトスワローズ

≪左翼≫和田一浩 41歳 中日ドラゴンズ
≪中堅≫谷佳知  40歳 読売ジャイアンツ
≪右翼≫稲葉篤紀 41歳 北海道日本ハムファイターズ
≪DH≫前田智徳 42歳 広島東洋カープ 

≪代打≫山崎武司 45歳 中日ドラゴンズ
≪神様≫桧山進次郎44歳 阪神タイガース

 
いかがです?4月までなら首位を突っ走りそうなチームです(笑)。何よりキャッチャーに谷繁さんがいるのは心強い!聡さんは近ごろ実戦からは離れてますし。唯一の弱点が人材難の二遊間。昨年引退された石井琢朗さんが惜しまれます(笑)。セカンドは仕方がないので“経験者”の紀さんで!


かつてファイターズに在籍していた大島康徳さんが44歳まで現役を続けられています。私はけっこう本気で『この人50までプレーするんじゃないか?』なんて思ってました(笑)。この面子の中から、現在の活躍ぶりもみていると「50歳プレーヤー」も夢ではないような気がしてきます。一番近いところにいるのはもちろん山本昌さんですが、どの選手も元気にいつまでも、私たちの「希望」であり続けてほしいものですね!



≪関連≫
大島康徳 「代打の神髄」
スカパー! おまかせプラン(スマホ版)



posted by 羽夢 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。