2013年01月29日

野球の国?

2012年も早いもので、約ひとつきが経過...


プロ野球のキャンプインも、もう間近に迫ってきました。ファイターズのキャンプ地は1軍が沖縄県の名護市、2軍が同県国頭村(くにがみそん)という場所です。

ところで皆さんは沖縄に行ったことはありますか?ファイターズが名護をキャンプ地にしてからもう長いのですが、恥ずかしながら私は大陸に足を踏み入れたことすらありません。

沖縄県は列車が走っていないんだそうですね。実はわりと最近になって知ったんですよ。駅があって、踏切があって、電車が走って‥‥が生まれてこの方、当たり前の環境下で育った私にとって、それはにわかには信じがたい事実でした。


そういえば先日、こういった記事を目にしました。

日本ハム・大谷、佑と秘境キャンプイン!


‥‥絶滅危惧種のヤンバルクイナが生息? 秘境!?
沖縄って、どんなところなんですか?本当に。興味深々です(笑)

前述のように実際に沖縄には行ったことはないのですけど、「旅をした気分」なら味わったことがあります。列車が走っていないことも私に教えてくれた、こちらの本の中で...




著者の奥田英朗さんがキャンプ地巡りをメインとした、2月の沖縄で過ごした日々を“克明に”綴っています。

なんていったらいいんでしょうねぇ‥。ありがちな「キャンプリポート」といった感じでは決してなく、キャンプ期間中の「沖縄での過ごし方」をレクチャーしてくれているとでもいいますか。まあ本人はあくまで“自然体”なんですけど。

なので、一日の流れを時系列に辿っている、どちらかといえば紀行文に近い印象です。こうなってくるとさすがは作家さん!文章だけでその時の情景が浮かんでくるんですよね。


初版が2003年で若干情報が古いのと、著者は「小金持ち」(奥田氏曰く)で、わりと高級ホテルなんかに泊まったりもしているので、すべてを真似するわけにはいかないかもしれないけど、“楽しみ方”や“巡り方”といった観点からすると、初めて(キャンプ目的で)沖縄に行く人には参考になる部分も多いのでは?そうでない人でも、奥田流の視点は独特なので、私のように読み物としても普通に面白いと思います。


せっかくなのでもう少し、この本について触れておくと、【沖縄編】以外に【四国編】 【台湾編】 【東北編】 【広島編】 【九州編】とあります。

台湾にはホークスがダイエー時代に遠征しにいった際のものを、東北へはジャイアンツの2軍戦を観戦をしに、はるばる九州にはマスターズリーグを見に行かれています。個人的には【台湾編】が良かったかなぁ。試合よりも現地の人々や街並みの方に、関心を持っちゃいましたけど(笑)


こう考えてみるとフランチャイズがある都道府県以外にも「野球の国」って、探せばたくさんあるんですね。そんな旅も、また乙かもしれません。

‥さぁ今年も球春到来!私自身は残念ながら今年も沖縄キャンプに行けそうもありませんが、行かれた方はぜひぜひ、奥田氏ばりの紀行文を描かれてみてはいかがでしょうか。





posted by 羽夢 at 22:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さん、お疲れさまです。

本当に球春到来!ですね〜なんだかバタバタしたせいか例年みたいにワクワク ドキドキしないです…ハラハラ ドキドキかな?(笑)

今日、田中賢介選手がテレビに出演していて笑顔が輝いていました。ワクワクしてますって!
将来は2軍のコーチになりたいらしいですよ…常勝球団には2軍が大事だからって言っていました。嬉しい気持ちと寂しい気持ちで見ていました。

話が沖縄から離れてしまいました…ゴメンなさい(笑)

私も沖縄へは行けないですけど、国頭村に行きたいです!あと、美ら海水族館!
キャンプ情報はテレビで楽しみます。
沖縄ではモノレールが便利らしいですね〜なんだか、くだらない話でゴメンなさい(笑)
Posted by ゆき at 2013年01月30日 22:21
羽夢さんお疲れ様です。そうですね。キャンプが始まり球春到来ですね。とにかくこのキャンプで若い選手がアピールして台頭して欲しいです。そうすれば選手を上手く使える栗山監督が去年の岩館や植村や西川や杉谷や中島卓也みたいに上手く使ってくれます!!それが間違いなくチームの活性化に繋がり去年ダルビッシュの穴を埋めたように田中賢介や糸井の穴を埋める事になります!!個人的には投手では中村勝、野手では西川に期待します。
ちなみに私は西武ドームに近い場所に住んでいますので開幕カードは少なくとも1試合は観戦に行きます。ちなみにファイターズが開幕戦を西武ドームでやるのは10年ぶりになるのですよね。田中幸雄が現役でバリバリにやっている頃はよく前の年のAクラスの西武とBクラスのファイターズでよく開幕戦が西武ドームという事が多かったですが、この10年間で開幕戦が西武ドームでなく札幌ドームが多かった事を見てもファイターズは常勝軍団になったのだと思い、感慨深くなります。
Posted by 東京のキャロット at 2013年01月31日 00:52
>ゆきさん

いえいえ、離れている話題でも結構ですよ。ゆきさんも沖縄に行かれたことはないのですね。自分も美ら海水族館には一度行ってみたいです(笑)

そういえば“カレ”の右肩手術って本当ですか?今年もチャンスなのに、まったく何をやっているんだか(苦笑)。今シーズンもファイターズへの熱いご声援、よろしくお願いします!


>東京のキャロットさん

いつもありがとうございます。西武ドームの近くにお住まいなんですね!道理で(笑)。でも西武ファンが大多数の地域でファイターズを長年応援してくれていたなんて、本当に嬉しいかぎりです。今シーズンもよろしくお願いしますね。

10年前!ヒルマン政権1年目のときですね。松坂を撃破した開幕戦はたしかに印象深かったです。阿久根さんや島田さん、比較的地味めな選手が活躍してくれました(笑)。斎藤投手が間に合わないとなると、開幕はやはり、勝投手になるのでしょうかね...
Posted by 羽夢 at 2013年01月31日 18:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。