2013年01月23日

糸井嘉男の「恩人」

北海道にいるとファイターズ関連の情報に事欠くことがない!


‥‥そんな当たり前のことが身に染みた夜に、今回はこちらのニュースをピックアップしてみました。

区切りの10年目ポスティングで 来季 糸井メジャー挑戦へ


どうなんでしょう。私自身は彼の口からそういった類の発言をしているのを見かけたことはないのですが、一連の報道を眺めていますと、糸井にメジャー志向があるのは、どうやら本当のようですね。

区切りの10年といえど、彼は野手に転向してから‥厳密にいうと、レギュラーに定着してからはまだそれほど年数は経っていません。ただ、ダルビッシュ有のポスティングを容認したときもそうであったように、過去果たしたリーグ優勝にも多大な貢献をしてくれましたし、本人が行きたいというのなら、球団も引き留めはしないでしょう。むしろ快く行かせてあげるはずです。

だからソレ自体に口をはさんだりってのはないのですが、彼が抜けてしまうのは‥やっぱり淋しいですよ。戦力的に痛いのはもちろんですけど、何よりああいった“特異”なキャラ性を持った選手は、私も長いことFsを見てきていますが、初めてみましたからね。‥森本稀哲の明らかなウケ狙いとちがい、糸井の場合はどこか長嶋さん的な“天然”の旨みがあります(笑)


でもまぁ、来季からでよかったですよ。仮の話とはいえ。だって田中賢介に加えて糸井まで退団となったら、ショック大になるところでした。主力選手が一気に2人も‥なんて事態はさすがに避けてほしいですから。何にでも「心の準備」ってものが必要!(ローテ投手が一気に3枚も抜けたホークスファンは、昨オフこんな心境に陥ったのだろうなぁ)


そういえばファイターズを退団した大村巌氏。今シーズンからベイスターズの2軍打撃コーチを務めることになったそうです。私は氏の書くブログがお気に入りで、毎回楽しく拝見していました。ブログをやっている球界関係者は多いですが、ときに「命」や「生」について綴っているのは多分、大村ブログくらいでしょう(笑)

‥んで、この大村さんが糸井の【恩人】だったらしいのです。私も初めて知ったのですけど、こちらの本に記されてました。


プロ野球 うるっとくる話


なんでも野手転向直後、不安いっぱいの糸井に向けて云った、大村コーチのある言葉に...

『心のギアがぐっと前向きに入った』 そうです。

全国のプロ野球選手を目指している人たちにも通ずる、その「ある言葉」をここに書いてもいいんですが、核心部の“ネタバレ”をしてしまうのは本的にあまりよくないと思うので、詳細はぜひ本書にてご確認ください(笑)

しかしながら、今や球界屈指のバッターに育ったことを考えると、大村コーチがファイターズに残してくれたものはとてつもなく大きかったですよね。本音はもっとファイターズで「第2の糸井」を生成させてほしかったのだけど、こればかりは仕方ありません。

鎌ヶ谷での“再会”を心待ちにするとともに、今後は徐々に「横須賀色」に染まっていくであろうブログ記事の方にも、注目してみます。


television.tower.jpg
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


≪関連≫
大村巌オフィシャルブログ 「命の時間」
球界一の“文豪”-あるコーチブログのススメ-
プロ野球 うるっとくる話





posted by 羽夢 at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんなのメジャーで通用するわけねーじゃんww
おたくだって本音はそう思ってんだろ?
Posted by 若鷹連合名古屋支部 at 2013年01月23日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。