2013年01月09日

開幕投手は誰だ?

2013年の開幕投手を務めるのは、一体誰か?


これも2番打者を決めるのと同じくらい、悩ましい議題だ。候補として挙げられる投手は何名かいる。まず消去法でいくと、栗山さんの性格というかスタイルからいって両外国人、ケッペル・ウルフの抜擢はおそらくないだろう。キャスター時代の名残か、「演出」面も熟慮される監督で、昨年4番を中田翔で通しきったくらいの「和製スター」好き...

ウルフは安定感抜群の好投手だけど「年間軸として回せる投手」と考えてみると、決してそういった感じでもない。あくまで先発2、3番手という位置づけに、今年も変わりはなさそう。ローテーションの一角を担うであろう八木・多田野・谷元あたりも、ない。中村勝‥‥という線は考えられなくもないけど、実績面を考慮するとまだ時期尚早とみる向きがある。


となると、必然的に3投手で絞られる。候補の筆頭は武田勝。一部では内定したみたいな記事も出てたけど、栗山監督自らの口から語られたわけでもないし、信憑性には欠ける。でもたしかに、オープニングに相応しいのは名実ともに申し分ない彼でいくのが順当であろう。‥もし本人が「開幕」というものにこだわるのであれば“今年こそは”いかせてあげても良いと思うし、いかせてあげるべきだとも思う。性格的に、あまり気張るタイプに見えないが、あとはその辺を監督が汲むかにもよってくるだろう...


昨シーズンの14勝で勝ち頭・吉川光夫も有力な候補だ。一躍スターダムにのし上がったMVP左腕が開幕のマウンドにいたって、何ら不思議なことではない。ただ、「大舞台」での吉川はどうのなのか?昨年のオールスター・日本シリーズではけっこう打ちこまれていた。もちろん、特にシリーズにおいては、体調面が万全ではなかったのも考慮しなければいけないが、得意か?苦手か?を問われた場合、どちらかといえば後者の方なのではないか。

まあこればかりは2012年が(年間ローテを張ったのが)実質1年目で、“慣れ”の問題もあるとは思うけど、栗山監督が著した「覚悟」にも記されていたように、最初は肝心。ここでつまづくと、吉川のように長い期間不振が続いた経験がある選手はズルズルといってしまう可能性も否定できない。できれば最初は自然体で臨める試合の方が、彼には良い結果をもたらすような気がしている。


大舞台に強いとえば、ご存知、斎藤佑樹。昨年の開幕戦勝利に、自身の誕生日に勝ち星をげて、2万人の観客にバースデーソングを歌ってもらうなど(笑)、序盤戦はなかなかの「持ちぶり」を発揮してくれていた。


エンスカイ 2013年ベストヒットカレンダー 斎藤佑樹(日ハム) [CL-480]


後半以降ふがいない投球を続けたせいで、すっかり信用が失せてしまった感もあるけど、開幕ダッシュの立役者はなんといっても斎藤だ。事実、あの涌井に投げ勝った驚異の(?)開幕完投勝利でチームは乗っていった。ダルビッシュという巨大な柱を失くしたあとのシーズンだっただけに、彼が皆に与えてくれた勇気や感動の大きさは計り知れなく、また武田勝で勝つのと十中八九負けると周囲からは予想されていた彼が勝つのとでは、持つ意味合いもまったく違ってきていた。


始まりも斎藤なら昨秋の日本シリーズ、札幌ドーム最後のマウンドに立っていたのも斎藤(この試合でも打たれたが 笑)。「18」で始まり、「18」で終わる。やっぱり彼は“持っている”のだ。ここまでくるとどうしてもまた、彼の持って生まれた強運に賭けてみたくもなってくる。

先述の著書の中で斎藤のことを栗山監督は『恩人』と呼んでいたが、私にとってもそれは同じだ。昨年の開幕前から公然と開幕投手・斎藤を推し、高らかに「勝利宣言」までしていた。もし敗れていたら‥‥全国の“アンチ”から総スカンをくらっていただろう(笑)。彼は一介のファンである私をも救ってくれたのだ。

開幕投手・斎藤には夢がある

‥何の根拠にも基づかなくて、私的な「夢想」にすぎないんだけど、斎藤には何かを感じている。だからこそ、ずっと追ってきた。仮に斎藤がやられたとしても武田勝や吉川が敵をとってくれる。開幕ゲームはもはや勝敗ではないのだ。1勝以上の大きなものを、秋には手に入れられるかもしれない。最初に斎藤佑樹を立てれば、今年もきっと何かいいことがある!

‥現時点ではその可能性は低そうだから断言はできないけど、予言はしておこう。あとは栗山監督の「覚悟」次第ということで...


≪関連≫
見えた「3.30」斎藤佑樹
「追いかけて...斎藤佑樹」





posted by 羽夢 at 21:54| Comment(9) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年は奇跡はおきない
もう一軍に上がってこないでほしいいらない
Posted by 皇帝ポプパワー at 2013年01月10日 00:39
勝、吉川の次に挙がるのは
勝率度外視で斎藤ですよね。
私も斎藤やっぱり好きなんですよねえ。
確かに彼にはなんか夢があります。
今年も楽しみです。
Posted by トンボロ at 2013年01月10日 01:06
>トンボロさん

>>私も斎藤やっぱり好きなんですよねえ。

ありがとうございます。ファイターズファンでもそのように言ってくれる方がそんなには多くないもので(苦笑)、嬉しいかぎりです!

「勝率度外視で」ってところ、否定はしませんが面白かったです(笑)。でも彼はあぁいった舞台になりますと、無類の勝負強さを発揮しますからね。それに期待してみたいです。
Posted by 羽夢 at 2013年01月10日 09:39
日本シリーズも8回は147キロ出てましたし変化球もよかったですけど、9回はスピードも落ちコントロールも悪くストライクを取りにいって狙い打たれてましたよね。

斉藤投手の場合、コンスタントに147キロのストレートが投げられ、岩隈投手までは行かなくてもコントロールが良くなれば十分にローテーションの軸になれるはずです。

今年はプロ3年目の勝負の年。1年を通してローテーションを守れるように今から頑張って欲しいものです。

やはり出てくるだけでスタンドが沸く「華」のある選手は見てて楽しいですよね。打ち込まれるところは余り見たくないですけど(笑)
Posted by sunrise_V at 2013年01月10日 12:27
羽夢さん、お疲れさまです!
吉川選手の開幕投手を見てみたいです…特別な緊張感のある開幕戦での投球に興味あります。

斎藤選手は特別に大好きな選手ですから、もちろん活躍を期待しています!彼での一勝と他の投手での一勝では感動が違うのですよね〜(勝利は全て嬉しいですよ)
斎藤選手が開幕戦のマウンドに上がる姿を見たいですが今は難しいかな?と思います。
彼の活躍次第で私のドーム観戦の回数が決まるかな?(笑)
Posted by ゆき at 2013年01月10日 15:37
>sunrise_Vさん

お疲れ様です。おっしゃる通りストレートの力は増してきました。逆に大学時代まではコントロールの良さに定評があると、ずっと云われてきましたよね。プロ入り時には「北別府2世」とまで謳われ、投球術に長けていたはずの彼がなぜ...

制球が定まらず、無駄なランナーをためて自分で自分を苦しめているシーンが昨シーズンも多々見受けられました。投球フォームの問題なのか、メンタルの部分なのか‥専門的なことはわかりませんけど、長い回を投げるのでしたら、少しでも球数を減らしていかなければならないでしょうね。キャンプでの投げ込みが、復活の鍵を握るか?(笑)
Posted by 羽夢 at 2013年01月10日 19:52
>ゆきさん

吉川投手ですか!これは意外な返答でした。てっきり武田勝さんか斎藤投手の名が出てくるものかと(笑)

はい、勝利はもちろんすべて嬉しいのですが、私はなにか彼が持つ「神秘性」に惹かれておりまして‥。早実での激投や、大学時代の早慶決勝戦で『あわやノーヒットノラーンか?』の快投に魅せられてきた身といたしましては【斎藤ならまた何かを起こしてくれるだろう】と、勝手な期待を寄せてしまうのです。だからスター性とかとも、また違うんですよね...
Posted by 羽夢 at 2013年01月10日 20:09
羽夢さんお疲れ様です。武田勝投手はいい投手ですが西武ドームには相性が悪いです。勝投手はプロに入ってから西武ドームで8試合先発しましたが1勝6敗と西武ドームには相性が悪いです。体外中村などの右の強打者に打たれています。狭くてフェンスの低い西武ドームもマイナスに働いているのかもしれません。見た感じ勝投手は福岡ヤフードームでは大胆に投げているのに西武ドームではビビって投げているように見えます。そう考えると開幕投手は強運の持ち主佑ちゃんか西武打線が結構手を焼いている吉川投手の方がいいと思います。
Posted by 東京のキャロット at 2013年01月12日 02:57
>東京のキャロットさん

>>勝投手はプロに入ってから西武ドームで8試合先発しましたが1勝6敗と西武ドームには相性が悪いです。

そうなのですか!これは大変有益な情報ありがとうございます。でもたしかに勝投手の対西武はあまりいい印象がありません。彼はホークスとイーグルスに相性がいいんですよね。じゃあ5年前のCSで勝った西武ドームでの、勝投手の勝ち星はかなり貴重だったかも(笑)

吉川投手は昨年オリックスとロッテ相手から白星を量産したんですってね。それがそのままチーム成績に反映したわけですが。今年は上位チーム相手にもやってくれると信じてますけど、初っ端は得意である次カードのロッテ相手の方が‥‥なんて、実は私の方が弱腰だったりします。
Posted by 羽夢 at 2013年01月12日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。