2012年12月29日

【終わりなき旅】

年の瀬に世界中をかけめぐった松井秀喜選手、現役引退報道。もう一度国内でプレーする姿を見てみたいという気持ちもありましたし、当初は残念な思いもありました。ただ、体調が万全ではない松井選手が仮に若手の台頭が著しい古巣・巨人に復帰したところで、レギュラーを獲得するのは正直難しかったのかもしれません。

となると、巨人やヤンキースで4番を打った経験がある大打者さえも、ベンチを温める機会の方が多くなってしまうわけで、それもいささか淋しい話です。よしんばファンがよかったとしても松井選手自身の「プライド」が、それを許さない側面もあるでしょう。日本にいた10年前のような打撃を見せられなくなった今(本人談)ゴジラはゴジラのままで終わる‥‥。そんな引き際も松井選手ならアリなのかなって、前向きに捉えられるようにもなってきました。


男気ある決断に触発されて(?)今記事では私も2つの、ある「カミングアウト」をします。


一つ目は今年、仕事の方を辞してしまいましてねぇ...

ここでは触れなかったのですが、先の見えない不安で、押しつぶされそうになってしまった日は幾度もありました。そんな日々の中での救いはもちろん、北海道日本ハムファイターズ!

試合のある日は自分もゲームの中に入っているので、唯一といってもいい「現実」を忘れられる“ひととき”。特に下馬評を覆して、優勝に向かって突き進み始めた秋口の快進撃には心底、私もファイターズナインから勇気を頂戴していました。


この辺りの時期でしょうか‥。ちょうど中村勝投手が1軍に昇格してきて、彼が登場曲にMr.Childrenの【終わりなき旅】を起用していたんです。曲自体は知っていましたけど、それを機にしっかりと聴いてみたら 『まぁなんて素敵な曲なのかしら!』‥と、あらためて。

以降、心が折れそうになったときは繰り返し、この【終わりなき旅】を聴いて、自らを奮い立たせてきました。Mr.Childrenって自分の青春時代に大流行していたけど、恋愛ソングと同じくらい、人生の「応援ソング」的な曲も結構多いんですよね。埼玉西武の某投手が登場曲に使用している【Tomorrow never knows】も、どちらかというとそんな印象を受けます。ミスチルの良さを“再認識”させてくれた中村投手(の選曲センス)に感謝しきりです。


私は【終わりなき旅】の“歌詞”に感銘を受けて、特にサビで登場してくる『次の扉をノックしよう』という箇所が気に入っています。これの前にかかっているのが‥‥

『いいことばかりではないさ でも次の扉をノックしよう』
『嫌なことばかりではないさ さぁ次の扉をノックしよう』

‥本当にこの歌詞の通りだなと思いました。自分も次の扉をノックしなければ現状は打破できない。ジッとしていないで、「行動」を起こさなければ!

そこで9月の終わり頃、私は一大決心を固めます。


【そうだ、北海道に行こう】 ‥と。 (ハロワに行けよってか 笑)


そうなんです。ファイターズファンを語っていながら、根っからの出不精がたたって、ただの一度も北の大地へ足を運んだことがなかったのです(爆)。必然的に札幌ドームも未体験というわけで‥‥。まもなく移転10年目、お恥ずかしいかぎりです。だから“札ド暦”にかんしては、皆さんの方がずっと“先輩”にあたるんですよ〜

関東に住み、本州から出たのも南へ一度しかなかった私にとっては、さながら「大冒険」といった感じになりました。次回、私が経験をしてきた感動の北海道旅行記、そして涙・涙の?「初・札幌ドーム体験記」をお送りいたします。









posted by 羽夢 at 20:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもです!

当方も転職は何回かしていますので、お気持ちはお察しします(笑)。

ワタクシは兵庫県在住なんで『ファイターズ(パ・リーグ)の試合は関西で観るもの』というよく解らない信念があったんで、札幌ドーム初観戦が2010年、かつてのホーム東京ドーム初観戦も2011年でした。

その気になればいくらでも行けたんですが、“信念”を曲げる事にいささかの抵抗がありまして(笑)。

2007年以降の優勝が、何をどうしても2006年の四半世紀ぶりの感動には程遠いのと通底するものがあるのかと(同様の理由で、よく野球ファンがやりたがる12球団本拠地制覇もあまり興味がありません笑)。

何十年も一人で50人分以上の席を独占して観戦していたワタクシが2010年8月に満員の札幌ドームに初めて行った時は、『日ハムファンだらけや。信じられん。何やこれは』と愕然としましたが…次号楽しみにしております(笑)。
Posted by ばいきんまん at 2012年12月31日 12:08
>ばいきんまんさん

>>札幌ドーム初観戦が2010年、かつてのホーム東京ドーム初観戦も2011年でした。

ほう!それは意外でした。やはり古株のファン様の中にはいらっしゃるものなのですね(笑)札幌ドームは本当にお客さんが入ります。いいことなのですが、私たちのような“不入り”に慣れているファンにとっては軽い「カルチャーショック」みたいなものを受けてしまいます‥(笑)

>>『日ハムファンだらけや。信じられん。何やこれは』

オリックスのスカウトとしてドームにいらしていた、OBの古屋さんも同様なことをおっしゃっていました。後楽園球場は東京ドーム時代に比べてもっと“不入り度”がひどかったですからね。余計にそうお感じになったのでしょう。

これら踏まえると今の選手たちは恵まれてますよ。アクセスの点などでの不便は多少あるのかもしれませんが、あんなにたくさんの人たちが応援してくれるのですから。‥来年は「観客動員200万人突破」に、ぜひ私たちも貢献しようではありませんか(笑)
Posted by 羽夢 at 2012年12月31日 14:25
羽夢さん、2012年 お疲れさまでした。
英雄列伝!いつも楽しく読んでいました…次回も楽しみにしています。

来シーズンもファイターズを応援しましょう!
特に斎藤佑樹選手には本当に頑張って結果を出してほしいです。彼の成績が悪いと私はかなり凹むのでフォローお願いしますね!(笑)
では、また来ます。
Posted by ゆき at 2012年12月31日 15:07
>ゆきさん

書き忘れてしまいましたが、私が2012年で一番印象に残ったゲームは開幕戦でした。ご存知かもしれませんけど、開幕前に「斎藤佑樹で絶対勝ちます!」って、断言してしまったんですよ(笑)

もちろん根拠はあったのですが、内心はドキドキもので、初回嶋選手にホームラン性の打球を打たれたシーンあったじゃないですか?あの時なんかもう心臓が飛び出そうになりました(笑)

それが期待以上の好投で完投勝ちでしょ。おまけに打線も大爆発して!本当生涯忘れられない一戦となりました。斎藤投手は栗山監督と、私の恩人でもあります(笑)。来シーズンはさらなるご活躍を期待しております。
Posted by 羽夢 at 2012年12月31日 19:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。