2012年12月13日

背番号 『11』 物語 【渡辺秀武〜大谷翔平】

ダルビッシュ投手が心底好きです...


といっても私に“そっちの気”はないんですけどね(笑)。でもかなりの「ダルまにあ」を自称します。実力云々については昨年も散々語ってきたから省くけど、まず何より...


かっこよくないですか?


あの容姿。同性から見ても本当にそう感じます。あれほどまで容姿端麗な野球選手は、今まで見たことがない。それだけ「絵になる男」で、ファイターズ在籍中から雑誌などの表紙を飾る機会も大変多かったですよね。私もその都度購入して、彼には結構お金を使わされました(笑)


これはほんの一部‥
darvish.sp4.jpg



ダルビッシュはあらゆる伝説を残し、おそらくこれからもメジャー、または日本で記録をつくり続けてゆきます。ダルビッシュがファイターズ時代に付けていた背番号『11』。来シーズンからそれを継ぐのが、話題の大谷翔平投手。プレッシャーは相当あるだろうけど、同投手にはとりあえず北海道から、偉大な“先輩”が歩んできた道を辿れるように、頑張ってほしいと思います。


しかしこれによって、11が新エース番号となれる可能性もでてきました。見まわしてみても他球団にあるような、確固たるエース番号って、今のファイターズでは見られないんですよね。一番近かったのは高橋直樹さんや西崎幸広さんらがかつて身に付けていた『21』だけど、現在は抑えの武田久でしょう?王道『18』は‥‥斎藤佑樹のこれからの活躍次第かな(笑)

ダルビッシュ以前の11番なんかは、もっと“一貫性”がなくて、移籍組の投手が付けていたり、左右(利き手)もタイプもバラバラ‥。野手が背負っていた時期もありました。


【日本ハムファイターズ歴代背番号11】
1974-1975 渡辺秀武
1976     坂井勝二
1978-1982 石井邦彦 ※1977ドラフト1位
1983-1987 田中富生 ※1982ドラフト1位
1988-1994 大島康徳 ※中日より移籍

1995    松浦宏明 ※背番号0からの変更
1995    岡本透 ※横浜より移籍
1996    下柳剛 ※ダイエーより移籍

1997-2001 山原和敏 ※背番号10からの変更
2002-2004 山口弘佑 ※2002年ドラフト2位
2005-2011 ダルビッシュ有 ※2004年ドラフト1位
2013-     大谷翔平


拙者が記憶しているのは田中富生さんから。法政でエースを張っていた方で、鳴り物入りでの入団。ドラフトで3球団も競合して、ファイターズが見事クジを引き当てました。当時『12』番は田中幸雄投手が背負っていたので、田中姓の“連番”。下の名前もトミオとユキオで響きも似ていたし、球団ももっとコンビで売り出してみたらよかったのに(笑)

富生さんは意外にも5年という短い在籍期間で、中日ドラゴンズへトレードされてしまいます(1987年)。代わりにやってきたのが、のちに名球界入りを果たす、大島康徳さん。

このときは『6』も空番で、4年前のセ界本塁打王・大島さんにも提示された模様ですが、あえて断ったという話を訊いたことがあります。40才を前にしての移籍でしたので、一桁の番号は若い選手に付けてもらいたいといった心理も、おそらく働いていたのでしょう。お人柄が表れてますよね!


oshima.yasunori.jpg
ロッテベースボールカードより



大島さんの現役引退後の11番は、しばし“迷走”の時代に突入します。一時代を築いた松浦宏明さんが『0』から変更された1995年。このシーズン途中に横浜にトレードされ、代わりにやってきた左腕の岡本透さんが後を継ぎます。

同年かぎりで岡本さんが現役を退かれると、同じくトレードで移籍してきた左腕・下柳剛さん。ただ、移籍初年度が故障などの理由で成績が振るわなかったこともあり、翌年にはホークスに時代に背負っていたゲンの良い背番号『24』に変更されています。


1997年からの5年間は入団時から大いに期待をかけられていた、山原和敏さん。山原さんは『20』でスタートして、次が『10』番。当初は抑えを務めていたけど、故障が多く、1年間フルで働けたシーズンはほとんどありませんでした。ようやく先発投手として活路を見いだしたのが、背番号を11に変更してから。ルーキーのころのような豪速球は影を潜めていましたが、当時のファンは「ようやく山原が出てきてくれた」と、安堵していたことでしょう。‥(涙)

ダルビッシュの前にあたる山口弘佑さんは3シーズンで戦力外通告を受けてしまったけど、社会人時代の「リースキン広島」というチーム名が、なぜかとても印象に残っています(笑)。現在はゆかりのある奈良で(奈良産業大出身)、野球を続けられているそうですよ。


さあ、2013年からファイターズの『11』を“託された”大谷投手は、これからどんな歴史を刻んでいくのでしょうか...


≪関連≫
ダルビッシュ有の思い出 【2007年】
背番号『12』物語
背番号『18』の記憶





posted by 羽夢 at 19:43| Comment(8) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢様

北海道は相変わらず寒波の中です。

ダルビッシュ投手がハムにいた6年間は本当に楽しめた幸せな6年でしたね。

去年の開幕戦はボロ負けしましたが、それさえ一緒に行った友達と「ダルビッシュの完封はいつでも観られるけど7点も取られる試合なんてもう観られないぞ」などとネタにしてました。

今年はダルビッシュ投手がいなくなったせいか春先はドームから足が遠のきましたが、夏以降、やっと立ち直り、それでもDURVISH11のレプリカユニフォームを羽織ってドームに通いました。

でも困ったな。来年は大谷投手のレプリカに乗り換えなきゃならないかな。
シーズンインまでによく考えます。


Posted by sunrise_V at 2012年12月14日 13:58
羽夢さん、こんにちは。

先日の野球カードの件ですが、7年程前の実家の火事で煤と水にまみれて泣く泣く廃棄したという経緯にありまして、もう自分の手にはありません。

背番号11ですが、思わず渡辺秀武さんと坂井勝二さんに反応してしまいました(笑)。メリーちゃんこと渡辺さんは元巨人の有名投手でした。坂井さんは、大洋では主戦級として活躍されていて、外見の雰囲気だけですが、間柴さんと似ていたような曖昧な記憶があります。残念ながら、お二方ともハムでの記憶はあまりありません。
Posted by 南の国から at 2012年12月14日 15:01
羽夢さん、お疲れさまです!

ダルビッシュの試合は札ドで何度も観戦しました。昨シーズンは「もう、見れなくなる…」と淋しい気持ちで応援していました。
もちろん、今も応援していますよ!

来シーズンは背番号11の成長していく姿を楽しみにしています!
騒がしい中でも自然体で野球に集中してほしいです…難しいかな?

もちろん、背番号18番にも期待しつつ応援してまいります!
Posted by ゆき at 2012年12月14日 19:37
>sunrise_V様

そのままダルビッシュのレプユニで行くのもアリだと思うし、個人的にはそっちの方がかっこいいと思いますよ(笑)

はい。昨年の開幕戦はビックリしました。オープン戦絶好調だっただけに!あまりの打たれっぷりに肉体改造が裏目にでたのではないかと、さすがに心配してしまいましたよ。その後はいつも通りのダルさんに戻ってましたけど(笑)

振りかえってみると、たしかに私たちは本当に幸せな野球ファンでしたね...
Posted by 羽夢 at 2012年12月14日 22:07
>南の国から様

そうでしたか...
過去の辛い記憶を呼び起させてしまって申し訳ありません。

渡辺さんは書籍などを通じ、かろうじて存じていましたが、坂井勝二さんに関する知識は皆無に等しかったのです。大変有益な情報をありがとうございます。

そういえば個人的には‥になるんですけど、先日かなり「貴重」なカードを入手しまして。いつかご披露できればと思います。
Posted by 羽夢 at 2012年12月14日 22:24
>ゆきさん

ダルビッシュの退団が正式に決定したときは、自分も放心状態になりました。それだけ彼(の力)に、依存してきたということなのでしょうね。一番は“チーム”のファンであるのに、本当お恥ずかしいかぎりです(苦笑)

>>もちろん、背番号18番にも期待しつつ応援してまいります!

同じです。注目の新人選手が来ようが誰が入ろうが、斎藤投手は変わらず応援していきます。彼のためならどこへだって飛んでいきますよ(笑)
Posted by 羽夢 at 2012年12月14日 22:52
こんばんは。

「リースキンの山口」

この響き、覚えてます。何かインパクトありましたよね(笑)。
当時のドラフトで、近鉄も狙っていたそうです。

僅か三年ですか…。一寸見切りが早いような気がしますね。
Posted by EILEEN at 2012年12月16日 03:59
>EILEENさん

近鉄さんも狙っていたのですか!それは初耳です。山口投手は弱投球団(当時)に大人気だったのですね(笑)

山口投手に関しては諸説あります。ハムは左の中継ぎがほしくて、実際そのように起用していたのですけど、彼はリースキンでずっと先発を務めていたのですね。だから適性面含め、起用法に馴染めなかったんじゃないかって。そう考えると、山口投手もある種の“被害者”ですよね。他球団なら活躍できた可能性もあるのに、それを見抜けなかったハム側による...
Posted by 羽夢 at 2012年12月16日 14:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。