2012年12月09日

大谷翔平投手 -北海道日本ハム入団決定におもう-

恋が成就しました...


ドラフトのずっと前から『大谷投手が欲しい』と言い続け、それがようやく現実のものとなって、私も感無量であります。

投げてはダルビッシュ級、打っても高橋由伸クラス(山田GM談)ともいわれる大谷翔平のファイターズ入りはチームにとってあまりにも大きく、またこれほどの選手を国内で拝める幸せを、どうか他球団のファンの方々も噛みしめてほしいと存じます。


現実的に考えてみると「二刀流」にかんしては難しいと感じますが、球団がどんな“プラン”を企てているのか気になるところです。パ・リーグは打席に立つ機会が交流戦以外はないので、セ・リーグの投手とはまた違った扱いになるわけだし、イメージ的には本業・外野だけどピッチャーに挑戦したこともある、新庄選手のとき(阪神時代のOP戦)のような感覚です。

事前の報道などを見ていますと、どうも球団も「本気」なようなので、指名打者を“返上”して打席に立たせるとか、あるいは登板がない日にDHとして出場したり‥なんてケースも見られるのかもしれません。いずれにせよ、この前例のない壮大な【大谷育成プロジェクト】をどう成功させていくのか、球団側の対応も含めて、今後注意深く見守っていきたいと思います。


背番号「11」を提示したようです



『大谷なら‥』ってファンの方と、『プロで1勝もしてない選手に、いきなりダルビッシュ投手の番号を与えるわけにはいかない』って方とで意見が割れているみたいですね。私も11は同投手が日本に帰ってくるまで欠番にした方がいいのではないか? そんな想いを抱き続けていました。

しかし、見ている私たちが妙なエゴイズムに捉われずに、一度立ち止まって冷静に物事を考えてみますと、メジャーでも大活躍しているダルビッシュは当分はファイターズに戻ってきませんし、言い方はよくありませんけど、日本に“帰りたくない”というのが、実のところのはずです。

‥真意のほどは定かでありませんが以前、ツイッター上で【つけたい人がいれば付けてもいい】といった旨のつぶやきを、ご本人がされていました。そういえばイチロー選手だって仰木彬監督(2005年)や坪井智哉選手(2010年)がオリックスに入団した際に、自身が付けていた「51」を勧めていたという逸話も訊いたことがあります。

おそらく当該選手は継ぐのが誰だとか、実際そんなに気にしてなくて、むしろ“欠番状態”にされることをあまり望んでいないのではないか?それならば‥‥と、拙者の考えも徐々に変わり始めてきた次第です。大谷投手も尊敬するダルビッシュが付けていた「11」を背負うことで、一層意気に感じるでしょう。まさしく一石二鳥です。


たしかに大谷翔平はまだプロのフィールドにも立っていません

ここからは想像という名の私見ですが、きっと彼は日本を代表するような選手になるでしょう。かぎりなくその可能性は高いとみています。今まで目にしてきた「怪物」とか「大物」と呼ばれてきた高卒選手たちと比べ、甲子園での実績は劣ったとしても、1選手としてまったく引けを取っていないスケールの大きさを感じてしまいます。

これほど入団前から期待感を抱かせてくれる選手は、日本ハムだと中田翔以来でしょうか。大谷は投げても160キロの剛腕!胸騒ぎがするくらい将来楽しみな選手が、北海道にやってきます。


※次回、歴代背番号「11」を振り返ってみます。





posted by 羽夢 at 23:25| Comment(5) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さん、お疲れさまです!そして、おめでとうございます!

雑音が多いなかで勇気ある決断をしてくれたと思います。個人的にも正しい選択だと思います。
会見時のまっすぐ正面を向いて話していた姿勢は立派でした。笑顔は18歳の少年でしたね(笑)これからの成長を楽しみに応援していきたいです!

栗山監督がテレビ番組で色紙にファンへのメッセージをと頼まれて「日本一から世界一へ」と書いて笑顔で、もうすぐ分かると思います。と話されていました(笑)
大谷君へのプレゼントしたTシャツには「北海道から世界一に!」とプリントされていたんですね。お洒落なデザインでしたよ!

栗山監督に、あっぱれ! ですね(笑)
Posted by ゆき at 2012年12月10日 19:53
>ゆきさん

ゆきさんこそおめでとうございます(笑)
嬉しいというよりか、安心しましたね。もしかしたら‥って不安も少なからずありましたから。

計3度かな。岩手の方まで足を運んでもらい、栗山監督にも感謝しています。誠意が実った形になりましたね。おかげで来シーズンの楽しみが、また増えました!
Posted by 羽夢 at 2012年12月10日 23:12
羽夢さんご無沙汰してました。
ゆくる人、背番号物語、楽しく拝読させて頂いてました。
大谷選手は多分メジャー行に行くだろうと思っていたのでハムに来てくれることになり、本当にうれしいです。
私もメジャーを目指す大谷選手にとって最善の選択だったと思います。
また、昨年、菅野投手に入団を拒否された中で敢えて大谷選手の指名に踏み切った日本ハム球団の情報分析力、決断力と熱意に心から敬意を表します。
ハムは本当にドラフトを沸かせてくれますよね。
今回の件について楽天の星野監督が色々と言っているようですが、彼には「日本球界にとっては良かった」くらいのことを言って欲しかったです。
少なくともあの発言は楽天1位指名の南投手に失礼では?とても残念です。
いずれにしても、メジャーへの夢を胸にハム入りする大谷選手、ハムの指名を蹴って巨人入りの夢を叶えた菅野投手、
この二人が今後どう成長していくのか楽しみに見守って行きたいです。
Posted by sunrise_V at 2012年12月11日 01:09
《お詫びと訂正》

申し訳ありません。

先の投稿で、楽天1位指名は森雄大投手なのに間違えてしまいました。

今後このようなことがないようくに気をつけますのでご容赦ください。

楽天ファンの皆様には心からお詫び申し上げます。
Posted by sunrise_V at 2012年12月11日 07:38
>sunrise_V様

ご無沙汰しております。
東北の選手だったけに、星野氏も余計なのでしょう。1年目から活躍でもされたら(すると思いますが)のちのち東北の野球ファンからも何か言われてしまいそうですしね。イチロー選手(名古屋出身)のときの、中日さんのように...

>>メジャーへの夢を胸にハム入りする大谷選手、ハムの指名を蹴って巨人入りの夢を叶えた菅野投手

なるほどそういった見方もありますね。参考になります。しかし「二刀流」って一体どんな感じになるのでしょうか。今から興味深々です(笑)
Posted by 羽夢 at 2012年12月11日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。