2012年11月04日

闘い終えて... ≪2012≫

野球の試合に負けてここまで悔しい気持ちになったのは、だいぶ久々なような気がします。もちろんもう後がない試合だったっていうのもあるけど、それ以上に今回、いや第6戦は何としても勝ちたかった!正直なところは...

2006年以降の日本シリーズでは勝てていないというのもあるし、やっぱり相手が巨人だったので余計でした。過去2回シリーズで対戦し、ともに2勝4敗。そして2012年も‥。せめて7戦までいければヘンな話、日本一を逃したとしても、自分の中で納得がいっていたかもしれません。


でもこれは個人的な感情であって誰かを責めているわけではなく、選手たちは本当に死力を尽くして頑張ってくれていたし、感謝しています。東京ドームで連敗したときはどうなるかと思いましたけど(笑)

湿っていた打線を目覚めさせるきっかけを与えてくれた稲葉篤紀さんのホームラン、飯山裕志のサヨナラ安打はみんなに勇気を与え、金子誠さんの激走はみんなの感動を呼び(笑)、多田野数人はみんなに同情をしてもらい(苦笑)、そして最後の最後で決めてくれた、我らの4番・中田翔...


残念ながらシーズン中の力をみせられなかった吉川光夫。でもファイターズがシリーズまで辿りつけたのはまちがいなく彼のおかげ。責められるはずがありません。この悔しさを糧に、来シーズンはさらに大投手としての階段を昇っていってほしいです。勝てなかったけど、エース・武田勝も大舞台で存分に持ち味を発揮してくれました。

それとなんといっても中村勝!阿部が不在だったとはいえ、強打のG打線を7回無失点。ポストシーズン初登板とは思えない、堂々たる投球に誰もが驚いたでしょう。来季はあの好投を「必然」と変えられるように、開幕からフル回転でぜひ二桁勝利を。


本当に見どころ満載で、終始ドキドキさせられっぱなしの日本シリーズでした。だから、その「過程」においては満足しています。十二分にパ・リーグチャンピオンとしての意地は見せてくれていたし、今年は‥いや、今年も “少しだけ”相手の方が上をいっていたということです。ただ、過去の2回の対戦(1981、2009)よりも接戦が多く、内容的には充実していました。ファイターズナインは胸を張って、今月24日に行われる優勝パレードに臨んでほしいと思います。


それでは最後になりますが、選手・関係者・全国にいる大勢のファイターズファンの皆さま、2012シーズンも大変お疲れさまでした。来季こそ、日本一奪回を目指し、共に闘ってまいりましょう。私事ではありますけど、このサイトに訪れた方々にも、心より感謝いたします。なお、オフ期間も定期的に野球絡みの記事やエッセーなどを綴っていきますので、また訪問していただく機会があれば、そのときは羽夢が熱くもてなします(笑)



1年間ありがとうございました!



posted by 羽夢 at 20:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、羽夢さん。
当方はハムの北海道移転からの俄ファイターズファンですが、昨年から、このブログを拝読し、勉強させていただいてます。

今回の日本シリーズは本当に残念でした。
2009年は目の前で武田投手が2敗し、巨人の胴上げを見せつけられ、今度こそはと思って応援していましたが、願いは叶いませんでした。

球場へは第4戦、第5戦に足を運びました。
いずれも印象に残る試合でしたが、特に第5戦の巨人・加藤選手へのブーイングには驚きました。

北海道の日ハムファンはどちらかというと対戦チームに寛容(?)で、あまり相手選手への攻(口)撃はしないのですが、球場全体でのあそこまでの長時間のブーイングは初めてで、異様な雰囲気でした。
原因を作った加藤選手は過去の頭部への死球の後遺症と言っているようですが、あの当たったと主張するような、うずくまり方はないですよね。

それはともかく、次の機会がいつになるかはわかりませんが、今後とも日本シリーズで巨人に勝つその日を夢見て応援していきたいと思っています。よろしくお願いします。
Posted by sinrise_V at 2012年11月05日 01:39
>sinrise_Vさん

はじめまして!いつもありがとうございます。
例の危険球騒動には私も驚きました。長年見てきていますが、あぁいった、まるで甲○園球場のような光景を見たのは初めてでしたね。

なるほど過去の頭部死球の影響があったと‥。少し納得しました。でもやっぱりあれは審判がしっかりジャッジしないといけませんでしたよね(笑)

>>球場へは第4戦、第5戦に足を運びました。

そうでしたか、お疲れ様です!特に第4戦はシリーズ史に残る名勝負だったと思いますよ。しかも普段は守備要員である、飯山選手が決めてくれるなんて...

日本一は来季への楽しみに‥まぁこれは前回、前々回のシリーズ後でも言っているのですが、今はそう考えるしかないですね(苦笑)。こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
Posted by 羽夢 at 2012年11月05日 11:26
羽夢さん、今シーズン お疲れさまでした。

今年は無理でしたが必ず我等がファイターズが日本一を奪還してくれると信じて、これからも共に闘っていきます!

しばらく淋しい日々が続くので、羽夢さんのブログを楽しみにしています!
また、遊びに来ます。(笑)
Posted by ゆき at 2012年11月05日 16:21
>ゆきさん

来季も熱いご声援、よろしくお願いします。

オフも人事でにぎやかになってきましたね(笑)。出会いもあれば悲しい別れもある季節‥。その辺やどうでも良い身辺の出来事なども綴っていきますので(笑)、ぜひまた遊びにいらしてください。
Posted by 羽夢 at 2012年11月05日 20:04
羽夢さんもご存知かもしれませんが、北海道新聞に多田野さんらしい秀逸なコメントが載ってましたね。
『多田野は「だます方もだます方、だまされる方もだまされる方」と無表情でタクシーに乗り込んだ』

第4戦は本当に良い試合でした。試合中一度も席を立た(て)ず、あっという間の4時間でした。
ヒーローインタビューも飯山さんらしかったですね。
(そういえば2年前はレフトスタンドで、こちらに向かってくる飯山さんの打球に「来い〜!」って叫んでたんですよ)
Posted by sunrise_V at 2012年11月06日 11:06
>sunrise_Vさん

こんにちは!いつもありがとうございます。

>>「だます方もだます方、だまされる方もだまされる方」

言ってました。
自分もあの時多田野投手にちょっと注目してみてみようと思ったのですが、すでにマウンドからいなくなってました。早かったですよね(笑)

私の予想ですけど、多田野投手があのまま続投していたら、あのスローボール投げていたんじゃないかなぁと思うんですよ。「流れを変えたい」って意味も込められているらしいですから。そう考えると“見せ場”をつくられずに退場させられて、本人も無念だったでしょうね...

>>第4戦は本当に良い試合でした。

sunrise_Vさんたち、現地組の熱心な応援のおかげですよ。来季もホットな応援!お願いします。私も頃あいを見て駆けつけます(笑)
Posted by 羽夢 at 2012年11月06日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。