2012年11月03日

【東京ドームで輝け!】 -決戦のとき-

札幌ドームで2つ取って、ファイターズが東京ドームに帰ってきました。

ホームじゃないんだから“帰ってきた”という表現もヘンなのだけど、でもやっぱり、自分の中ではそんな感覚が未だに拭いきれません。


ファイターズを追って東京ドームで働いていた、というのは以前話したことがあります。時期的には田中幸雄さんがバリバリ主軸を打って、巨漢のオバンドー選手なんかがいて、ビックバン打線は‥ちょっと陰りが見え始めていた頃だったかな(笑)

もうあの前後の時期はひどかった!お客さんの入りが(苦笑)。たまにAクラスに入ったりして、チームは頑張っていたんだけど、それでも客は入らない。46000人近く収容できるドームに、平日のナイターなんかは10000人くらいしか入ってなかったんじゃないのかな。だからスタンドは座席の「青一色」なわけですよ。そんなもんだからドームで働く係員には仕事量がG戦の1/4以下になるファイターズ戦は、大変好評を得ていた。皮肉にも‥(笑)


あれも衝撃的でした。

とある日のダイエーホークス戦。ホークスファンは関東にも数多くいらっしゃって、レフトスタンド(当時はビジター)から埋まっていくんです。しかも熱狂的で、エアドームなものだから余計にこだまする大声援‥。あまりのホークスファンの多さ(Fファンの少なさ)を目の当たりにして、当時のトレイ・ヒルマン監督が 『ここはホームではない』なんて、ぼそっとつぶやいていたらしいのです。あのファン思いなヒルマンが、ですよ?誰が悪いってわけでもないんだけど、悲しいというか、何か申し訳ない気持ちになりましたよね...


振りかえれば往年のファイターズのスター選手たち、名前は挙げられませんが 「もっとお客さんがいるところでやりたい」「やり甲斐がない」などと、口々におっしゃっていて、それらの発言を耳にする度に、胸を痛めてきました。

だからいっぺん!日本シリーズのような大きな舞台、大観衆が見守るなかでプレーする選手というのを見てみたかったし、また、選手でもフロントでもない僕が言うのもヘンだけど、させてあげたかった‥‥。何度かチャンスはありながらも、その夢は叶うことなく、ファイターズは北海道へ移転してしまいました。


そういった経緯もあったせいか 「東京ドームで日本シリーズ」と聞くと、長年の夢が叶ったような気がして、不思議と心躍るのです。東京時代からのファンにとっては、水道橋・後楽園はホーム的感覚。Gファンがなんて言おうと、僕らのニワ!(笑)

ファイターズナインは我々の思いと夢を乗せて、敵地の大声援なんかに臆することなく、躍動してきてほしい。あのときと違うのは、北海道にもいる強力な「援軍」。勝利すれば、より多くの人が喜んでくれます。

東京ドームで輝け! Fighters!!









posted by 羽夢 at 12:54| Comment(10) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。確かにファイターズを北海道移転前からずっと応援している人にとっては東京ドームで日本シリーズというのは感慨深い思いがあるのでしょうね。私は3年前の日本シリーズ、札幌ドームでジャイアンツの胴上げシーンを見せつけられた悔しさがずっとあるので、絶対にリベンジして欲しいです!!

Posted by yukitty at 2012年11月03日 14:29
御久し振りです、本当に御久し振りです
私も東京ドームでファイターズを見てきた者、空席のある外野席でメガホンを降ってきた者として色々な感慨を持たざるを得ないです、が

閑話休題、この日本シリーズ、ファイターズに必要なのは「いつも通りの」戦い方を貫く事だと思うのですが、東京ドームのファンの皆さんはそうとはいえず・・・
「巨人倒せオー」コール、長野・小笠原両選手のみへのアウトコール、一切必要ありません!
いつも通りの応援で栗山日本ハムを支えて欲しい・・・
切にそう願います
Posted by タツマキ at 2012年11月03日 18:18
羽夢さん お疲れさまです。

楽しいコメントをする予定でしたが…残念な結果になってしまって悔しいです。
北海道に移転して来てからファンになり応援してきたなかで、今日の負けが一番悔しいです。

でも、ファイターズは東京ドームで輝やいていましたよ!あと一歩でした!
魅力のあるチームです。これからも応援していきます。

でも、くやしいー!
Posted by ゆき at 2012年11月03日 23:59
>yukittyさん

私も今年こそはと、必勝を期していましたが‥‥
残念な結果に終わってしまいました。この世界、たしかに結果がすべてではあるのですが、「過程」には満足しています。どれも良い試合でしたからね。

またあらためてご挨拶させていただきます。yukittyさんも今シーズン本当にお疲れさまでした。オフ期間も色々と書いていく予定ですので、是非また遊びにいらしてください!
Posted by 羽夢 at 2012年11月04日 00:02
>タツマキ様

お久しぶりでございます。お察しの通り、今現在は大変凹んでおりますが、直に回復してくると思います。私もあんなに弱かった時代を「経験」しているのに、まだまだですね(苦笑)

このシリーズも色々とありました。ここではあえて触れませんでしたけど、誤審騒動とか‥(笑)でも第4戦と第6戦は何か野球観戦で忘れかけていたドキドキ感みたいなものを思い出させてくれる、素晴らしい試合でした。

ファイターズナインには感謝しています。タツマキさん、今シーズンもあたたかいお言葉!本当にありがとうございました。
Posted by 羽夢 at 2012年11月04日 00:13
>ゆきさん

まずは長いシーズン!大変お疲れさまでした。個人的にひいきにしている斎藤佑樹投手のファンということで、メッセージを頂いたときは本当に嬉しかったです。ありがとうございます!

>>でも、ファイターズは東京ドームで輝やいていましたよ!

そんな風に言ってもらえると、私も感無量です。欲をいえば7戦までも堪能したかったのですが(笑)。来年以降、機会がありましたら是非東京ドームにも遊びにいらしてください!
Posted by 羽夢 at 2012年11月04日 00:26
羽夢さま、みなさま
日本シリーズは残念な結果に終わってしまいました。「たられば」は色々ありますが、ジャイアンツの方が強かったということです。(ダルビッシュがいてくれたらなどとは夢にも思わないことにしましょう)。
ただ、Gを倒して、東京ドーム(後楽園)と日本シリーズの引き立て役を返上し、主役の座を奪い取るという1981年以来、31年の宿願はまたしても成就せずに終わりました。はは、、、
何とか私の生きているうちに見たいものです。
Posted by たけ at 2012年11月04日 04:12
>たけ様

えぇ、3度目の正直で今回こそは!と、私も熱くなっていたのですが‥。過去2回のシリーズがともに2勝4敗という戦績でしたので、せめて7戦までいってもらえたらよかったのですけどね。でもそれまでのと違って名勝負を繰り広げてくれたし、内容にはそれなりに満足しています。

たけさんも今年1年間お疲れさまでした。来シーズンこそは!!
Posted by 羽夢 at 2012年11月04日 10:53
どうもです!


ワタクシなんかは正直『巨人を倒して日本一なんか簡単にやってしもたら分かりやすい目標がなくなるから、まぁこういう結果もしゃあないやろ』と思ってたんですが、周りのハムファンが全く誰一人納得しとらんこの状態にいささか困惑しとります(笑)。



もはやファイターズにとっては日本シリーズは夢舞台ではなく、三年に一度出て当然みたいな扱い…。


かつて五番DH大島の勝負強いバッティングで狂喜乱舞していた90年代は何やったのかと(笑)。



ワタクシも高校生の時にグリスタでアルバイトしてましたが、イチローが出てくるまで恐ろしくヒマでした。



…いつか羽夢さんとお会いしてじっくり盟友はむはむ氏などと一緒に昔話してみたいのが、ワタクシの今の楽しみであります(^^)!
Posted by ばいきんまん at 2012年11月12日 17:22
>ばいきんまん様

「盟友はむはむ氏」の言葉でピンときたのですが‥‥そうでしたか!ばいきんまんさんって、あのお方だったのですね!恥ずかしながら今までK氏とは知らずに(苦笑)。どうりでお詳しいわけです。いつもお世話になってます(笑)

>>周りのハムファンが全く誰一人納得しとらんこの状態にいささか困惑しとります(笑)。

今年に関しては日本シリーズで出場できただけでも本当なら満足しなくてはいけませんよね。主力選手の多くが不在のなか、激戦のパ・リーグを勝ち抜けたことは実にすばらしいことです。

‥でも人間の欲とは尽きないもの。あそこまでいったら、どうしてもテッペンまでいってほしかったのでしょう(笑)。日本シリーズは頂上決戦に相応しい好勝負を展開してくれたと思います。

今シーズンもお疲れさまでした。来年こそ是非!「ほっともっと」とかいいですねぇ。私も遠征で足を運んでみたいです(笑)
Posted by 羽夢 at 2012年11月12日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。