2012年11月02日

このタイミングで『覚悟』を読んだ(笑)

“読んだ”いうより、正確には「読破しました」ですが‥。けっこう読み応えのある本でしたので、チビチビと味わいながら、昨夜はスポーツニュース等もあまり見たくない心境でしたので(苦笑)、一気にすべてを読み終えました。

今回は栗山英樹著「覚悟 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか」の感想その他諸々を語っていきます。なお、私の視点はかなり“クセ”がありますので、参考にならない部分も多々あるかと思われます。あらかじめご了承くださいませ...





前回ライオンズが優勝したときに渡辺久信監督がお書きになった「寛容力」という本が出されて、目を通したことがあります。比較してみると栗山さんのイメージそのままに「覚悟」の方が、いっそう理論的。あらゆるデータや過去に起きた事例を持ちだしてきて、スマートな文字遣いで説いてくれています(笑)。ここが渡辺さんとの一番のちがいでしたが、別に「寛容力」が拙劣してたいう意味ではありませんからね。あしからず...


んで、内容の方はといいますと、監督の視点で印象に残った試合や今シーズンの「栗山野球」を象徴する、“分岐点”となった試合を振り返っているのが後半の主。前半部は監督就任にいたった経緯や決意表明、またペナントレース開幕まで自チームの戦力分析をしたり、キャスター時代の思い出話などもチラホラでてきます。

でもやっぱり一番関心を持つのは、皆さまもそうだと思うけど、監督と選手とのマル秘なエピソードでしょう。糸井・田中・鶴岡ら、主力選手たちがシーズン中に語った、キャラと異なる?意外な一言‥。おそらくそこに一切の脚色はないはずです。たとえばこちらご覧ください。


【なんかこう、頭が真っ白というか、興奮しています】

【もうやるしかないという気持ちで、去年ダルさんがいなくなった穴を絶対に埋めるという気持ちで、この開幕ゲーム、臨みました】 ※P46より


斎藤佑樹が開幕戦で勝ったときの、ヒーローインタンビューでの言葉を載せていたんですけど‥何か気づいたことはありませぬか?

』 いわゆる読点を置く位置!これがあのときの「斎藤の間」に、ピッタリと一致しているんですよ。さすがは新聞でコラムまで書いていた一流の伝え手!(笑)

戦術面ではその監督が『頭の中が真っ白になってしまった』という思考停止状態になってしまった試合のことを赤裸々に綴っていたり、先の日本シリーズ第4戦では延長で残った野手がひとり‥なんて事態も起きてしまったけど、この本を読むとなるほど頷けてしまいます。


ファイターズファンを始め、野球が好きな方にはもちろん、小題の【組織をひとつにする言葉の力】 【リーダーは姿勢で示す】 【期待するからこそ褒めない】などでも見られますように、ビジネスマンにおいても参考になりそうな部分は多いです。

新米監督でありながら、今シーズン見事チームをリーグ制覇に導いた“持ってる”男・栗山英樹さんの「覚悟」。まだお読みになっていない方はこれを機会にぜひお手元に置かれてみては?




日本シリーズではプロ最速の147キロ。この男もやっぱり、持っている!






posted by 羽夢 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。