2012年10月26日

「大谷ドラフト」でみた真髄

菅野智之には「心が折れそうになる」くらい、精神的に追いこんでしまい、某番組ではその件について「余計なことをしやがって!」とP氏に吐き捨てられてしまう‥‥。戦略の一環だったとはいえ、日ハム球団のドラフトの在り方について、昨夜は色々と考えこんでしまった。

指名自体に関しては何も問題があるわけでなく、あくまで先方の血縁だとか球団愛とか‥倫理的なものだ。どちらかといえば現行のドラフトルールの方に問題があるだろう。ただ、結果的にその年「No.1」と評したとされる選手に振られてしまっては、やっぱりこう思わざるをえない。本当にこれでよかったのだろうか‥と。


大谷翔平のケースはどうなのか

メジャー挑戦を表明した大谷を、あえて強行指名した日ハムは、日本の野球ファンからもっと称賛されるべきだと、私は思う。誤解を招く云い方かもしれないが、別に行きたければメジャーに行っても構わないのだ。指名はされたけど“選択”は大谷に委ねられる。日ハムはただ、交渉権を得ただけ‥いや、今回は「挑戦権」といっていいかもしれない。メジャー球団に立ち向かう、NPBの代表として。

私は昨年のこともあって、今ドラフトでは十中八九、貴重な「1位枠」を棒にふるような行為は絶対に避けるくるものだろうと予測していた。それでも尚【1番の選手を獲りたい】という信念を曲げず、指名に踏み切った球団の姿勢には強い気概を感じ取った。さらにソコにはこういった思いも込められているのではないか。


日本が生んだ宝をみすみす向こうへ渡してなるものか】 と。


ここまできたら日ハムはNPBの「勇者」だ。今回はあえて事前に公表をし、大谷サイドのみならず、日本の野球ファンに対してもきちんと“誠意”をみせている。仮に入団が叶わなかったとしても‥この勇気は買ってあげたい。

‥現実的なことを云ってしまうと、日本で鍛錬して技を磨き、成熟した状態で海を渡るのがベストな形ではないか。日本を代表するエースにまで成長したダルビッシュ有のように、彼は25才の若さでレンジャーズに移籍をした。球団には理解もある。日ハムに入ってからでは遅い、とかは正直あまり思わない。


もちろん「夢」も尊重してあげたい。一方では矛盾するかのように湧きおこる、国内で成長を見届けてみたいファン心理。それは日本ハムのファンとしてではなく、日本プロ野球のファンとして。決めるのは最終的に大谷自身。ただ、球団に対してはこう云ってあげようではないか。「よくぞ指名してくれた」と。栗山監督が尊敬しているという、かの名将・三原脩氏の言葉がすべてを物語っている...

弱小チームを強くするのは男子の本懐である

ただし、チームを強くするのは監督ではなく、会社の姿勢だ

これが日ハムのドラフトであり、事実、強豪チームをつくり上げていったのだ。





posted by 羽夢 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。